泣きながら戦い続ける全ての人たちへ!波乱万丈な人生を送ってきた村西とおるの人生観をまとめた初の語録集を刊行!

6月8日(木)13時30分 @Press

PARCO出版(所在地:東京都渋谷区、発行人:井上肇、運営:株式会社パルコ)は男性を中心に圧倒的な支持層を持つ村西とおるの魂がこもった初語録集「村西とおる語録集 〜どんな失敗の中にも希望はあるのでございます〜」を刊行いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129755/LL_img_129755_1.jpg
「村西とおる語録集」書影



福島から上京、バーテンから始まり、英会話セットのトップセールスマン、テレビゲームリース業を経て「裏本の帝王」となるが、全国指名手配。AV監督となり、3,000本のAVを撮り「AVの帝王」と呼ばれるも、FBIからの370年の懲役求刑、50億の借金、死を覚悟した病気・・・。
最も成功し、最も失敗した男の人生観を象徴する過去の言葉を選りすぐりまとめました。
昨年刊行されました村西とおるについての著書『全裸監督 村西とおる伝』(本橋信宏著/太田出版)でも話題となり、破天荒ではありますが、村西氏の人生論に勇気を与えられている読者が多くいらっしゃいます。
この語録集では、心に響く語録の数々に加え、その言葉の背景となった村西とおる自身が語る“どん底エピソード”も収録。持ち歩きにも適したサイズで、同じ人間としての息吹をさらに身近に感じさせ、希望と絶望を繰り返して毎日を戦う人を力強く支えてくれる村西とおる渾身の1冊です。


【書籍概要】
書籍名:村西とおる語録集
〜どんな失敗の中にも希望はあるのでございます〜
発売日:2017年5月30日
定価 :1,300円(税別)
仕様 :新書判/上製
頁数 :224頁
ISBN :978-4-86506-220-5

<内容>
第1章 逆境の向こうにナイスな季節がやってくる
第2章 海が割れるってことがあるんだよ
第3章 死のうと思ったことは1000回くらいあります
第4章 人間だもの、大変だね
第5章 生きてるって素晴らしーい!


【収録語録例】
『人の役割の第一は何よりも自分の命を生き切ること。』
『綱渡りしている方が、輝いて見える。』
『這いつくばっての人生にも意味がある。』
『この世で逃れられないものは、「死」と「人の裏切り」であることを承知しております。』
『借金50億でも命があるんだからラッキー。』
『私は人生のピークを80歳に設定してるんです。』
『希望のない絶望は存在しない。絶望を口にしているのは自己愛にほかならない。』
『話し上手になるには、聞き上手になること、聞き上手になりたければ、いつもよく笑うこと。』


【推薦者の声】
『村西とおるが放出する“言霊シャワー”であなたの心をトリートメント!』
- 玉袋筋太郎
『どんな名曲の歌詞や、映画の名台詞よりも、心に響く。
僕は村西とおるさんを本当に尊敬している。』 - KenKen(ベースヒーロー)


【発売記念イベント情報】
《村西とおる語録集 刊行記念トーク&サイン会》
日時:2017年6月14日(水)19:00〜21:00 予定
場所:紀伊國屋書店 新宿本店8F イベントスペース
※お客様への入場整理券配布は好評につき終了しております。
(イベント開催店舗にて本書をご購入のうえ、イベント参加ご希望の先着50名様。)


【著者プロフィール】
村西とおる(むらにし とおる)
1948年9月9日生まれ。福島県出身。
高校卒業を機に上京後、バーテン、英会話セットのセールスマン、テレビゲームリース業を経て、成人向け雑誌の出版に乗り出す。全国に販売網を広げ「裏本の帝王」と呼ばれた。
その後、黎明期のアダルト・ビデオ業界に参入。独自の手法を次々生み出す一連の監督作品が話題を呼び、AVを一気にメジャーに押し上げ、自身も一躍時代の寵児となる。「昭和最後のエロ事師」を自任し、これまでに3,000本のAVを制作。2016年10月に出版された『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)では、その半生が赤裸々に描かれ、その激しい生き方に改めて注目が集まっている。


■PARCO出版 概要
正式名称: 株式会社パルコ エンタテインメント事業部
コンテンツ事業担当 出版チーム
代表者 : 発行人 井上肇
所在地 : 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス
部門設立: 1974年7月1日
URL : http://www.parco-publishing.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

人生をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ