6月15日(木)京阪電車の京橋駅で『鵜飼・宇治茶観光キャンペーン』を開催します

6月8日(木)14時0分 @Press

京阪ホールディングス株式会社、京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)では、宇治の夏の風物詩である「宇治川の鵜飼」や「宇治茶(新茶)」をPRする『鵜飼・宇治茶観光キャンペーン』(公益社団法人宇治市観光協会主催)を、平成29年6月15日(木)10時から京阪電車の京橋駅で実施します。当日は宇治川の女性鵜匠と宇治茶レディも参加し、鵜飼や宇治の観光パンフレット、宇治茶の一煎パックを配布します。また、宇治川の鵜飼川開きに合わせて、平成29年7月1日(土)から京阪線を走行する列車(2編成)に、日本で初めて人工孵化で生まれた宇治川の鵜飼のウミウのヒナをイメージしたキャラクター「うみうのウッティー」のイラストを使用した『宇治川の鵜飼』特別ヘッドマークを掲出します。
詳細は別紙のとおりです。

(別紙)
1.『鵜飼・宇治茶観光キャンペーン』
【日時】 平成29年6月15日(木) 10時〜11時30分
【場所】 京阪電車京橋駅構内(中央改札付近)
【主催】 公益社団法人宇治市観光協会 (協力:京阪ホールディングス株式会社、京阪電気鉄道株式会社)
【内容】 宇治川の鵜飼や宇治茶、観光地など「宇治」の魅力を多くの方に知っていただくことを目的に、公益社団法人宇治市観光協会のメンバーや宇治川の女性鵜匠、宇治茶レディも参加し、鵜飼や宇治の観光パンフレットや宇治茶の一煎パックを配布します。

2.『宇治川の鵜飼』特別ヘッドマークの掲出
【概要】 京阪線を走行する列車(2編成)に、日本で初めて人工孵化で生まれた宇治川の鵜飼のウミウのヒナをイメージしたキャラクター「うみうのウッティー」のイラストを使用した『宇治川の鵜飼』特別ヘッドマークを掲出し、「宇治川の鵜飼」のシーズン到来をPRします。
【掲出期間】 平成29年7月1日(土)〜 9月30日(土)
【掲出車両】 7000系車両 1編成(7001ー7連ー7051)
13000系車両 1編成(13002ー4連ー13052)

(参考)

『宇治川の鵜飼 ウミウのヒナの一般公開について』
(お問い合わせ:公益社団法人 宇治市観光協会 0774ー23ー3334)
【概 要】 今年誕生したウミウのヒナ(5羽)の一般公開が行われます。
(ヒナの誕生は4年連続で、今年の5羽を合わせると計10羽になります)
【期 間】 平成29年6月10日(土)〜7月9日(日)までの土・日(10日間)
【時 間】 午前の部:11時〜12時、午後の部:14時〜15時30分
(午前の部、午後の部ともに鵜匠による餌やりをご覧いただけます)
【場 所】 宇治市観光センター2階 和室(臨時飼育室)
※ヒナの状況により急遽公開を中止する場合がございます

以 上


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

宇治茶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ