中性脂肪値を下げる機能性関与成分を配合機能性表示食品「EPA&DHA」新発売

6月8日(木)14時15分 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、機能性表示食品「EPA&DHA(イーピーエーアンドディーエイチエー)」(*1)を、2017年6月9日より発売いたします。本製品は、中性脂肪値を下げる機能があることが報告されている機能性関与成分「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」を、1日の摂取目安量8粒あたりにそれぞれ600mg、260mg配合しています。本製品は、魚介類が不足気味で炭水化物や脂質の多い食事に偏りがちな方や、健康のために生活習慣の改善に取り組んでいる方におすすめです。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130451/img_130451_1.jpg


◆詳しくはWebページをご覧下さい。
⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1195.html?link=atp

EPAやDHAは、中性脂肪値を下げる機能があることが報告されている必須脂肪酸で、イワシ・マグロをはじめとする青魚などに多く含まれています。EPAやDHAが含まれるn-3系脂肪酸(*2)の1日の摂取目標は約2g(*3)とされていますが、近年、日本では食生活の欧米化により魚介類の摂取量が減少しており(*4)、それに伴って中性脂肪値が高めの方(*5)が増えています。実際に、中性脂肪値が高めの方は、20歳以上の平均で、男性:42.1%、女性:24.9%にも上ります(*6)。中性脂肪値が高くなると、生活習慣を起因とする身体のトラブルが生じるリスクが高まるといわれています(*7)。
機能性関与成分EPAとDHA含有の本製品を摂取することで、不足しがちなEPAとDHAを効率的に補給でき、中性脂肪値を下げることが期待できます。本製品の形状は、長径約13mmの飲みやすいソフトカプセルです。

富士フイルムは、これまで天然植物「サラシア」に含まれる成分「サラシア由来サラシノール」に着目した「メタバリアS」などの機能性表示食品や、鮭やエビ・カニなどの甲殻類に含まれている赤い色素成分「アスタキサンチン」と健康成分「セサミン」を配合した「飲むアスタキサンチン」をはじめとするサプリメントを製品化してきました。今後も、より多くのお客さまのニーズを捉えた高品質かつ安心して摂取いただける製品を提供し、人々の健康に貢献していきます。

*1 本品には、EPA・DHAが含まれます。EPA・DHAには中性脂肪値を下げる機能があることが報告されています。
*2 栄養学的に必須とされるα-リノレン酸、EPA、DHAを含む。オメガ3系脂肪酸とも呼ばれる。
*3 出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)n-3系脂肪酸の食事摂取基準」より。50〜69歳男性の基準は2.4g、50〜69歳女性の基準は2.0gとされている。
*4 出典:水産庁 平成27年度 水産白書。
*5 中性脂肪値が150mg/dL以上の方。
*6 出典:厚生労働省 平成27年国民健康・栄養調査報告。
*7 出典:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書。

インターネット通販ウェブサイト
⇒ http://shop-healthcare.fujifilm.jp/
富士フイルムニュースリリース一覧
⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「EPA」のニュース

BIGLOBE
トップへ