日商エレ、RPA・BRMS・AIなどの認知技術を活用した業務改善ビジネスを本格展開〜6月8日より金融業界向けに業務自動化サービスを提供〜

6月8日(木)11時0分 @Press

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下 日商エレ)は、RPA(※1)・BRMS(※2)・AIなどの認知技術を活用した業務改善ビジネスを本格展開します。本格展開の足掛かりとして、6月8日より金融業界向けに株式会社NTTデータのRPAツール「WinActor」と、株式会社なうデータ研究所のBRMSツール「NaU DSP(R)」を活用した業務自動化サービスを提供します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130231/LL_img_130231_1.jpg
業務自動化サービスの全体像(保険業務向け)


ロボットやルールエンジン、AIの活用は、今後の業務効率化に必須技術として、その代表であるRPAとBRMSの市場は拡大の一途をたどっています。日商エレは、業務の自動化を優先課題に挙げる金融業界のお客様のニーズを受け、RPA・BRMSのツールとしては希少な国産の「WinActor」と「NaU DSP(R)」をソリューションラインナップに加えました。1969年の創業以来、金融機関を中心にデータ入出力やペーパーレスによる業務改善支援を行ってきた知見を生かし、業務自動化サービスでさらにお客様に貢献します。


日商エレの業務自動化サービスは、従来業務改善基盤に採用するBPM・ECM・CRMの各ソフトウエアにこれらの認知技術を組み合わせることで、日々の定型業務に対する部分最適から業務全体を俯瞰した最適化まで、幅広く業務改善の支援を行うことができます。これによりお客様は、業務の自動化・効率化に伴う作業時間の削減をはじめ、新たに加えた認知技術の活用により、顧客のライフ・イベントにあわせたタイムリーな情報提供を実現し、顧客接点の強化による売上・利益の拡大が見込めます。


■今後の展開
金融業界を皮切りに広くお客様にご利用いただくため、RPA・BRMSツールの拡充を行い、適用業務の幅を広げてまいります。また、業務改善コンサルティングサービスやAI技術を活用した、より高度な自動化・業務改善も行ってまいります。


■初年度販売目標
50社導入、1億円売上(RPA・BRMSソリューション)


■業務自動化サービスの全体像(保険業務向け)
https://www.atpress.ne.jp/releases/130231/img_130231_1.jpg


■業務自動化サービスの特長
・作業の自動化
RPAにより、業務に付随する単純・大量な作業を一括自動処理
・業務判断の自動化
‐ 必要書類判定・不備判定など、業務や書類ごとに異なる複雑な業務ルールを体系管理し、自動判断
‐ 手続き内容(ライフ・イベント)に応じた商品情報などの提供
・業務全体のペーパーレス&SLA(Service Level Agreement)管理&分析
BPMにより、業務全体のペーパーレスならびに処理実績のモニタリング・分析から業務改善


■ソリューション概要
・RPAソリューション「WinActor」(ウィンアクター)
https://www.nissho-ele.co.jp/product/winactor/index.html
・BRMソリューション「NaU DSP(R)」(ナウ ディーエスピー)
https://www.nissho-ele.co.jp/product/nau_dsp/index.html
・ビジネスプロセスマネージメント(BPM)
https://www.nissho-ele.co.jp/solution/bpm/index.html

(※1)RPA(Robotic Process Automation):PC上から操作可能なアプリケーションの操作やマウス・ボタン操作を自動で学習し、人に変わって代行するソフトウェアで、WinActorは希少な国産RPAソフトウェア。
(※2)BRMS(Business Rule Management System):複雑な業務ルールを体系管理し、インプット情報をもとに判断を自動化するソフトウェアで、NaU DSP(R)は唯一の国産BRMソフトウェア。


[業務改善ビジネスに関するお問い合わせ先]
日商エレクトロニクス株式会社
ビジネスソリューション事業本部
ソリューション営業部
担当 : 亀岡
TEL : 03-6380-8601
E-mail: bpm-sales@nissho-ele.co.jp


*記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
*記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

技術をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ