金融×AR×AIの全く新しいフィンテック・サービス『Economy in Life』プロトタイプを公開

6月8日(木)14時30分 @Press

リコノミカル株式会社(本社:東京都中央区八丁堀、代表取締役社長:鴨林 広軌、以下「当社」)は、2017年6月6日(火)、フィンテック分野において、金融×AR×AIのそれぞれの知見と技術を融合し、全く新しいユーザー価値を提供する『Economy in Life』サービスを発表します。
また併せて、2017年6月7日から開催される、Interop Tokyo 2017(IoT×AI×5G World)に、ブース出展し、『Economy in Life』プロトタイプを公開します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130373/LL_img_130373_1.jpg
Economy in Life


【Economy in Lifeとは】
Economy in Lifeは、当社の企業理念である、“「人にやさしい」インタフェースで日常生活と経済を繋げる。”を具現化した、フィンテック・サービスです。金融とAR&AIを融合させたサービスは、これまで世界的に殆ど例がありません。

2017年は、VR・AR元年と言われており、さまざまなゲーム、アトラクションなどのエンターテインメント分野でその応用が活発化しています。しかし、エンターテインメント以外の金融・産業分野に目を向けると、昨今、医療への適用が進みつつあるものの、これまでの主な事例は、建築・不動産分野や、デザイン・設計分野にとどまります。
一方、AIは昨年以降、全産業分野において活発な研究開発が進み、先進的な応用事例も多数発表されています。ただし未だ、日常生活の中で広く一般ユーザーが利用するまでには至っていません。

Economy in Lifeは、この発展著しい先端ITを活用することで、日常生活の中から、金融・経済情報やその関連情報への、極めて簡単なアクセスを実現した(日常生活と経済を繋げた)サービスです。
身近にあるスマートフォン、タブレットや、今後急速な普及が見込まれる、ヘッドマウント型情報端末(HMD:Head Mounted Display)、ウェアラブル端末において、カメラに写った2次元被写体/3次元被写体を検出・特定し、被写体周辺に無限に広がる空間上に、対象被写体を起点とした、連想的かつ連続的な情報を表示します。
空間上に立体的に表示された情報は、そのそれぞれが操作可能であり、注文や購買などのビジネス・アクションを起こすことも出来ます。
この一連の表示・操作を行うにあたっては、検索キーワードなどの文字入力操作は一切不要です。さらには対象被写体が何であるかさえも知る必要はなく、気になる被写体の関連情報の取得を、カメラをかざすだけの、直感的かつワンアクションで実現出来ます。

当社は、Economy in Lifeの公開を通じて、これまでパソコンや、スマートフォン、タブレットのスクリーン(端末画面)やページ概念よって、暗黙に制限・抑制されてきた情報表現・操作の自由を、無制限の3次元空間上へと、開放・拡張します。


【 利用分野・領域 】
Economy in Lifeは、日常生活のあらゆるシーンで利用できますが、当社は当面、金融・経済分野での利用を積極的に進めます。そして金融・経済分野の中でも、特に、教育・就活・コミュニティ支援を重点領域とします。
日本は、長期にわたるデフレ経済を経験し、日本銀行のマイナス金利政策も継続される中、若年層や中高年層の中で、IT・情報リテラシーと金融リテラシーのギャップ(格差)が加速度的に広がっています。これは将来的に、格差の固定化と、貧困の拡大をもたらすリスクがあります。
当社は、Economy in Lifeの特長である「人にやさしい」インタフェースと、直感的で連想的かつ連続的な情報表示提案機能により、金融・経済情報へのアクセスハードルとアクセスコストを抜本的に低減させ、日本人のIT・情報リテラシー向上と金融リテラシー向上を、強力に支援します。


【Economy in Lifeの概要 と プロトタイプ】
Economy in Lifeの全体像と、プロトタイプの位置づけについては、下図をご参照ください。
https://www.atpress.ne.jp/releases/130373/img_130373_1.jpg

リコノミカル株式会社のホームページ( http://reconomical.co.jp )で、プロトタイプの動画をご覧いただけます。


■ 会社概要
商号 : リコノミカル株式会社
代表者 : 代表取締役社長 鴨林 広軌
所在地 : 〒104-0032 東京都中央区八丁堀三丁目17番12号
創業・設立: 2017年5月15日
URL : http://reconomical.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

サービスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ