世界初、情報セキュリティTCO診断サービスを開始 最適化のための支援コンサルティングサービスも提供

6月8日(木)11時30分 @Press

ITリスクとITマネジメントのコンサルティング会社であるRAMT(本社:千葉県習志野市、代表者:藤 俊満)は、世界初となる情報セキュリティTCOの診断及び最適化サービスを2017年6月より開始します。

RAMT ホームページ: http://www.ramt.co.jp


■サービス開始の背景
インターネット空間における国際的なサイバー攻撃の増加に伴い、企業における情報セキュリティ対策の重要性が再認識されてきております。情報セキュリティの強化に取り組まれている企業は増えてきておりますが、特定の領域だけ強化しても弱い領域があると、そこを攻撃されて攻め込まれてしまうことになります(情報セキュリティのバケツ理論)。情報セキュリティは全領域をバランスよく対策することが必要です。
また、情報セキュリティだから、いくらお金をかけてもよいということでもありません。他社の達成レベルとコストを見ながら、自社はどの程度投資を行ない、どの程度のレベルを達成するのかを決定することが必要です。
そのため、RAMTは、情報セキュリティTCOの診断を行い、情報セキュリティレベルの達成度とコストについてベンチマーキングを行い、適正か否かを診断するサービスを開始します。診断結果、問題があることがわかった場合には、最適化のための支援コンサルティングサービスも提供します。価格は1社300万円から(診断のみ)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

セキュリティをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ