どうせなら前向きに!心の状態は簡単に変えられる

6月8日(木)6時0分 JBpress

自分の身体と心の状態を計測して点数を付けてみましょう(写真はイメージ)

写真を拡大

 4月から、リーダーのためのコーチング塾を開催しています。コーチング塾では、参加してくださるリーダーの方々にいつも最初にある大切なことをお伝えしています。

 それは、心の状態は自分で変えられるということです。

 組織をまとめ、部下を育て、ビジネスを大きくしていくリーダーの仕事は大変です。もちろんすべてがうまくいくとは限りません。失敗することもあるでしょう。

 たとえ人の上に立つリーダーであっても、いやな出来事やショックなことがあったら落ち込んでしまいます。失敗を悔やんでくよくよしたり落ち込んだりしてしまうのは、誰にでもあることです。

 けれど、落ち込んだ状態をずっと続けるか、それとも割に短い間で終えてしまうかは、自分でコントロールできる部分が多いのです。


伸びと深呼吸で「点数」が高くなる

 それを実感できるちょっとしたワークがあります。身体と心の状態を「スコアリング」してみることです。

 まったくの主観で構わないので、現時点での自分の身体と心が10点満点で何点かを考えてみてください。「身体が6点、心が5点」といった具合です。

 そのあと、大きく伸びをしながら深呼吸をしてみてください。そして、再度スコアリングしてみましょう。身体も心も点数が良くなっていませんか? 実際に伸びと深呼吸をすると点数が良くなる場合が多いのです。

 つまり、本当にちょっとしたことで身体や心の状態を変えることができるということです。誰かと話をしてみる、外を歩いてみる・・・そんなことでも身体の状態と心の状態を変えることができます。ぜひ試してみてください。


「心の状態」で過去も未来も変わる

 また、もっと大切なのが、「現在の心の状態」に合った過去や未来ができる、ということです。

 自分が今、楽しく充実していると感じていれば、過去の悪い出来事も気にならず、どちらかと言えば「自分は恵まれていてラッキーだった」と思えます。未来にも良いことが待ち受けているような気がします。そして、その「良いこと」に向けて行動する気持ちになって、行動量も増え、結果もついてくるというわけです。

 逆に、今が何だか投げやりになっているような状態だと、過去の良かった出来事よりも悪い出来事ばかりに目がいってしまいます。

「世の中は厳しいことばかりだ」「本当はみんな心の中で悪いことを考えている」と決めつけて、自分には将来良いことなんて起こりそうにないと憂鬱になってしまいます。そんな状態だと、前に向かって行動する気にはなれませんよね。

 つまり、「行動を変える ⇒ 結果が変わる ⇒ 心の状態が変わる」という流れではなく、「心の状態を変える ⇒ 行動が変わる ⇒ 結果が変わる」という流れになれば、自分が必ずしもコントロールできるわけではない結果に大きく左右されることはなくなります。

「自分はラッキー」も「世の中は厳しい」もどちらも真実だとは思います。ただ、どちらが楽な気持ちで楽しく働けるかと言えば、前者であることは間違いないでしょう。

 心の状態を良くして、過去も未来も明るいと考えられるようになると、毎日の働き方は大きく変わってきます。

 そのために、まずは身体と心のスコアリングを習慣にしてみましょう。何が自分の身体と心の状態を良くするのかをリストにして、それを使って自分の身体と心の状態をちょっとだけ良くして毎日を「+1」の状態で過ごすと、新しい視界が開けてくるかもしれません。

筆者:和気 香子

JBpress

前向きをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ