関数や数列ってこんなに簡単? 今だから学びたい「高校数学」

6月8日(水)11時53分 J-CASTニュース

『もう一度読む 数研の高校数学 第1巻』

写真を拡大

   数研出版は、山川出版社が発行した「もういちど読む」シリーズの数学版『もう一度読む 数研の高校数学 第1巻』(著・岡部恒治/数研出版編集部共著)を、2011年4月26日に発売した。



   今回発売した第1巻は、数と式、方程式、2次関数と2次不等式、ベクトル、三角比、数列といった高校1、2年生レベルの内容。教科書の記述をそのまま再掲するのではなく、例題や解説をふんだんに取り入れて理解しやすく工夫してあるので、高校数学に関心がある人やもう一度高校の数学を学びたいという大学生・社会人に適している。


   教科書編集者の苦労話などのコラムも勉強になる。


   単行本: 295ページ。定価1575円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

数学をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ