「機動戦士ガンダム」ルーム出現! お台場のホテルで予約受付

6月8日(金)12時2分 J-CASTニュース

お台場がガンダム一色に (C)創通・サンライズ

写真を拡大

   京急グループのホテルグランパシフィックが運営する「ホテル グランパシフィック LE DAIBA(ル・ダイバ)」(東京・港区台場)は、「機動戦士ガンダム」をモチーフとした部屋「PROJECT ROOM-G(プロジェクトルームジー)」の予約受付を2012年6月11日、始める。29日以降の宿泊が対象だ。



地球連邦軍とジオン公国軍の世界観を表現

   3年ぶりにお台場に戻ってきたガンダム立像とともに、2012年4月に開業したエンターテインメント施設「ガンダムフロント東京」とのコラボレーション企画から誕生したのが、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の世界観を表現した日本初のコンセプトルームだ。


   中でも、「ROOM-G スペシャルタイプ」と題されたコンセプトルームは、リビングルームを有した84平方メートルの客室で、主人公アムロ・レイの属する地球連邦軍カラーのリビングルームと、ライバルであるシャア・アズナブルの属するジオン公国軍カラーのベッドルームに分かれていて、両室内には原画(レプリカ)やキャラ等身大パネルが設置されている。


   宿泊特典として、オリジナルパッケージのアメニティー品約20種類は、記念品としてすべて持ち帰り可能だ。


   スタンダードタイプの宿泊料は、2人利用時で1泊1人1万3500円から。詳しくは、特設ホームページ(http://www.grandpacific.jp/lp/gundam/)で確認できる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

ダムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ