5月の携帯契約純増数、ソフトバンク首位 MNPはKDDIが8万件の転入超

6月8日(土)12時28分 J-CASTニュース

   2013年5月の携帯電話の新規契約件数(純増数)は、ソフトバンクモバイルが29万8000件と17か月連続で首位だった。携帯電話3社が6月7日に発表した。2位はKDDI(au)で22万7000件。NTTドコモは9万1800件の純増だった。



   ソフトバンクとKDDIは米アップルのスマートフォン「iPhone」とタブレットの「iPad」の販売が堅調だった。両社は5月末に終了を予定していた学割キャンペーンの駆け込み需要も純増数を押し上げた。


   NTTドコモは、夏商戦向けの新機種を相次いで発売したことが寄与して、純増数が4月の1300件から大幅に伸びた。


   番号持ち運び制度(MNP)による転出入では、KDDIが8万1600件の転入超、ソフトバンクが5万2300件の転入超。ドコモは13万5800件の転出超だった。

J-CASTニュース

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ