発酵・熟成により抗酸化作用アップ 「黒にんにく」が自宅で作れる

6月8日(土)18時0分 J-CASTニュース

「黒にんにく」が自宅で手軽に

写真を拡大

生活家電およびモバイルアクセサリーなどを手がけるヒロ・コーポレーション(福岡県北九州市)は、黒にんにく発酵器「AZ-1000」の発売を2019年5月31日に発表した。次回の入荷予定は、6月中旬となる。

にんにくをセットしてボタンを押すだけ




自然の健康食で、にんにく特有の臭みがない「黒にんにく」を自宅でも手軽に作れる。操作はにんにくをセットしてボタンを押すだけ。3面ヒーターによりムラなく発酵でき、7〜12日間の発酵期間の設定が可能だ。仕上げの際に便利な「乾燥モード」を搭載する。




通常のにんにくを発酵・熟成させることで有効成分や抗酸化作用が高まり、ニオイの原因となるイオウ化合物も取り除かれるという。




消費電力は73ワット。容量は1.5〜2.0キロ。

J-CASTニュース

「家電」をもっと詳しく

「家電」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ