株式会社ルグラン、2018年AKB48選抜総選挙をデータで予測〜IBM社のAIプラットフォームを用いた予測モデルを構築〜

6月8日(金)14時3分 Digital PR Platform


デジタルマーケティングのコンサルティング会社、株式会社ルグラン(本社:東京都渋谷区 代表取締役:泉浩人、山辺仁美 以下、ルグラン)は、 2018年AKB48選抜総選挙の結果をクチコミデータから予測し、その分析結果を発表しました。今回の新たな取組として、IBM社のAIプラットフォームを活用し、ソーシャルメディアの書込内容にも言語解析を加え、各メンバーのファンの性格を分析し、順位の予測モデルに反映させています。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/162/27545/150_400_201806081336385b1a07d6b7e66.PNG

<予測結果のハイライト>

昨年1位を争った指原莉乃と渡部麻友が不在であり、昨年3位の松井珠理奈と4位の宮脇咲良が今年の1位争いをすると見られる。ルグランの予測では宮脇咲良が1位を獲得。
昨年に続き速報1位の荻野由佳は、目標である10位にわずかに届かず12位と予測される。
一方で横山由依は目標通り3位と予測される。

ルグランでは、2012年から、Twitterやブログ、掲示板などの書込などのソーシャルデータの解析から、AKB選抜総選挙の結果を予測する試みに取り組んでいます。

今年の選抜総選挙の予測モデル構築においては、株式会社ホットリンクが提供するクチコミ@係長から取得したクチコミデータを用い、2017年選抜総選挙でランクインしたメンバー上位80名に関連するソーシャルメディアへの書込を分析対象としました。

また、新たな試みとしてIBMのAIプラットフォームを活用し、各メンバーに関するソーシャルメディアへの書込内容という「非構造データ」についても分析対象に加えることで、各メンバーのファンの性格データを順位の予測に反映するモデルを構築しました。

去年までの分析においても、クチコミの投稿者の性別など、ファンの「属性」に関するデータは活用してきましたが、今年は、クチコミの内容から、各メンバーのファンの性格を分析することで、ファンの属性に関してより深く踏み込んだモデルの構築が可能になりました。

ルグランでは、クライアントに対するコンサルテーションにおいても、今回の予測分析を担当したチームが中心となり、様々なデータの収集・分析と、そこから得られるストーリーにもとづく仮説検証を通じて、効果的なマーケティング戦略を立案・実施する、というアプローチを大切にしています。

AKB48選抜総選挙の予測につきましては、「データドリブンマーケティング」の意味や重要性、あるいはその限界について、多くのマーケターの方々に考えて頂くキッカケになればという思いから、ホットリンク社のご協力のもと、毎年、この時期に実施・発表しています

今回の予測プロセスの詳細については、弊社ブログにも記事を公開しておりますので、あわせてご覧下さい。
「2018年AKB選抜総選挙予測結果発表」:https://legrand.jp/Blog/2018/6/0608


【株式会社ルグランについて】
株式会社ルグランは、「データドリブン、だけどクリエイティブ」を合言葉に、マーケティング戦略の企画・立案〜実装・実施までをトータルにお手伝いするデジタルエージェンシーです。様々なデータの解析から顧客やユーザーの行動・心理を客観的に把握・推測し、最良なユーザーエクペリエンスを提供するためのウェブやアプリの設計・デザインや、マーケティングオートメーション・パーソナライズ戦略の設計・立案〜実装など、企業やブランド価値の向上につながる様々な施策をご提案します。


本件に関するお問合わせ先
株式会社ルグラン
担当:水杉
TEL:03-6416-9845 FAX:03-6416-9846
E-mail:info@legrand.jp

Digital PR Platform

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ