『アサヒ ドライゼロサマーショット』を6月29日から期間限定で発売〜「ドライゼロ」ブランドの1-5月の販売実績は前年比1割増と好調に推移〜

6月8日(火)16時46分 PR TIMES

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、ノンアルコールビールテイスト飲料『アサヒ ドライゼロサマーショット』を、6月29日から期間限定商品として全国で発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16166/721/resize/d16166-721-510987-0.jpg ]


 『アサヒ ドライゼロサマーショット』は、「ドライゼロ」ブランドの特長であるビールらしい味わいはそのままに、冷涼感を感じられる香料を使用することで、冷たくひんやりとしたのどごしをお楽しみいただけます。パッケージは「ドライゼロ」ブランドのデザインをベースに、缶体上下に冷涼感を感じられるブルーと氷をデザインし「のどごし冷涼」という文言を記載することで、商品特長を訴求します。

 『アサヒドライゼロ』は、2012年2月の発売以来、ビールらしい味わいが好評で、ノンアルコールビールテイスト飲料市場において5年連続売上No.1※1を達成しています。昨年12月から中味とパッケージデザインのクオリティアップを実施し「ドライゼロ」の特長である“キレ”はそのままに、よりビールらしい味わいを実現しました。本年1-5月の「ドライゼロ」ブランドの販売実績は前年比1割増と好調に推移しています。
 
[画像2: https://prtimes.jp/i/16166/721/resize/d16166-721-564954-1.jpg ]

 アサヒビールは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”の実現のために設定したマテリアリティの1つである「責任ある飲酒」を推進し、飲む人も飲まない人もお互いが尊重し合える社会の実現を目指すため、「スマートドリンキング(飲み方の多様性)※2」を提唱しています。7月上旬製造分から順次『アサヒドライゼロ』の商品パッケージに「スマートドリンキング」のロゴマークを記載することで、取り組みの認知拡大と浸透を図ります。
 今回、夏の季節に冷涼感を特長とした新商品を発売することで「ドライゼロ」の飲用価値向上を目指すとともに、お客さまがそれぞれ自分のペースで心地よい時間を楽しめる選択肢としてのノンアルコール商品の提供価値向上を図ります。

※1:インテージSRIノンアルコールビールテイスト飲料市場 2015年11月〜2020年10月 累計販売金額 7業態計(SM・CVS・酒DS・一般酒店・業務用酒店・DRUG・ホームセンター計)
※2:「スマートドリンキング」とは、お酒を飲む人・飲まない人、飲める人・飲めない人、飲みたい時・飲めない時、あえて飲まない時など、さまざまな人々の状況や場面における“飲み方”の選択肢を拡大し、多様性を受容できる社会を実現するために商品やサービスの開発、環境づくりを推進していくことです。

【商品概要】
商品名:アサヒ ドライゼロサマーショット
名称:炭酸飲料
容器・容量:缶350ml
アルコール分:0.00%
発売日:6月29日〜8月までの販売を予定。ただし予定数量出荷次第終了。
製造工場:福島工場
発売地区:全国
■「ドライゼロ」ブランドサイト:https://www.asahibeer.co.jp/dryzero/

PR TIMES

「アサヒ」をもっと詳しく

「アサヒ」のニュース

「アサヒ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ