G+D Mobile Security、村田製作所およびSTマイクロエレクトロニクス、幅広いIoT機器に柔軟で効率的なセキュリティ・ソリューションを提供

6月9日(金)10時30分 @Press

低消費電力広域ネットワーク(LPWAN:Low-Power Wide Area Networks)といった、長距離かつ低消費電力を特徴とする新しいIoT向け通信技術が、都市・農業・工場のスマート化や作業場の安全性向上などの分野において、新たなユース・ケースを実現しようとしています。これらのアプリケーションでは、堅牢性および可用性に加え、セキュリティが導入の鍵を握ります。G+D Mobile Security、株式会社村田製作所およびSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下 ST)は、コスト効率の高いセキュリティ機能のIoT機器への統合に向けて協力しています。広範なアプリケーションならびにバーティカル・マーケットに向けたこの共同ソリューションは、やりとりされるデータの完全性と機密性を確保し、完全にセキュアな手法でLPWAN鍵(1)の配布を可能にします。

インターネットに接続される機器の数は着実に増加しており、それらの機器は、さまざまな重要なシステムで頻繁に使用されます。LoRaWAN(TM)のようなノンセルラー方式の接続が、IoT機器で大きな役割を果たすことが考えられます。重要なシステム内のセキュアでない機器は、外部からの操作や攻撃の標的にされやすいため、アプリケーションだけでなく、インフラ全体にとって重大なリスクになります。G+D Mobile Security、村田製作所およびSTの新しいソリューションは、機器製造段階で簡単にセキュリティを統合できるため、製品の付加価値向上だけでなく、IoTエコシステムへの保護機能の実装を効率的に行うことができます。

このソリューションでは、STの汎用マイクロコントローラ「STM32」に接続されたセキュア・エレメント「STSAFE-A」上にG+D Mobile Securityの鍵管理システムが実装されており、STの両製品と共に村田製作所製の小型・高コスト効率のLoRaWANモジュールに組み込まれています。この共同ソリューションは、端末のエンドツーエンド セキュリティ、LoRaWANモジュールの実装ならびにライフサイクル管理の簡略化、容易なネットワーク展開と追跡、さらにはデータ・プライバシーと完全性を提供するセキュアなLoRaWANエコシステムの基盤を形成します。このソリューションは、2017年6月7日より試用が可能になります。

G+D Mobile Securityの最高経営責任者(CEO)であるCarsten Ahrensは、次のようにコメントしています。「G+D Mobile Securityは、セキュアなID管理分野における技術リーダーです。IoTエコシステムのセキュリティの重要性は急速に高まっており、当社の決済ならびに通信に関する専門性をIoT市場へ拡大することは当社にとって必然の選択です。当社の鍵管理システムにより、IoT機器のライフサイクルを通じて、その認証・管理・監視が可能です。また、パートナーである村田製作所およびSTのソリューションは、IoT機器にセキュリティを実装する簡単な手段です。」

村田製作所のIoTモジュール商品部 部長である佐々木 昭は、次のようにコメントしています。「当社にとって、お客様のIoTエコシステムをセキュアにすることは非常に重要です。G+D Mobile SecurityやSTのようなセキュリティとテクノロジーの信頼できるエキスパートとの協力に基づくこのソリューションは、こういった要求をサポートすると共に、IoTにおけるセキュリティ実装の簡単さ、拡張性およびコスト効率など、お客様とLoRaWAN IoTエコシステム全体に対するメリットを表しています。」

STのマイクロコントローラ & デジタルICグループ セキュア・マイクロコントローラ担当マーケティング・ディレクターであるLaurent Degauqueは、次のようにコメントしています。「STは、クラス最高のLoRaWANセキュア・ソリューションを提供するために、G+D Mobile Securityおよび村田製作所と協力しています。高度にセキュアなハードウェアを基盤とする我々のソリューションは、機密情報の処理と格納をセキュアに行うことで、あらゆる通信の完全性と機密性を確保します。」

(1) LPWAN鍵はLPWANネットワーク内のネットワークおよびアプリケーション・データの暗号化と復号に使用されます。


■G+D Mobile Securityについて
Giesecke+Devrientは、1852年に創設され、ミュンヘン(ドイツ)に本社を置く、世界的なセキュリティ技術グループです。従業員数は11,300名で、2016年の総売上高は約21億ユーロです。世界32カ国に、72の支社および合弁会社があり、顧客との緊密な連携を確保しています。

G+Dは、決済、セキュア通信およびID管理の分野の製品とソリューションの開発・製造・販売を行っています。これらの市場においてG+Dは強い競争力を持つ技術リーダーです。G+Dの主要顧客ベースは、中央銀行、商業銀行、モバイル・ネットワーク事業者、企業、政府、公共機関です。詳しくは http://www.gi-de.com をご覧ください。


■村田製作所について
村田製作所は、先進的な電子材料、最先端の電子部品、および多機能・高密度モジュールの設計・製造・販売を行うグローバル・リーダーです。村田製作所の革新的な製品は、携帯電話から生活家電、車載システムからエネルギー管理システムやヘルスケア機器まで、広範なアプリケーションに採用されています。詳しくは http://www.murata.com をご覧ください。


■STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2016年の売上は69.7億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。


*2017年6月6日にミュンヘン(ドイツ)、京都およびジュネーブ(スイス)で発表されたプレスリリースの抄訳です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

セキュリティをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ