高級ホテルに連泊中のお金持ちに送られてくる荷物には、意外にも○○が多かった!

6月9日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

石川大智(いしかわ・たいち)1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

写真を拡大

外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』では、成功を焦るあまりに借金漬けにおちいった青年の人生がその後どう展開していったかを描いています。

真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。

そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。

しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!

「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」

そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。

そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!

その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。

アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

今回は、本には収録しきなかったエピソードを紹介します。


連泊しているお金持ちに送られてくる、

ネットショップでの購入品、第1位は?



 ボクがホテルで働き始めた頃に、まず驚いたことがあります。ホテル宛に届く、お客さまがamazonなどネットショップで購入したダンボールの多さです。

 いろいろなものが届きますが、意外にも書籍類が多いこと。

 もちろん、それもすべてのお部屋にお届けするのですが、それを繰り返すうちに、本物のお金持ちへのお届けものには「本」が多いことに気がつきました。

 結論から言うならば、お金持ちは読書を大切にしていいて、集中して本を、しかもたくさん読みます。


 持参される本の冊数は滞在する日数や時間と比例していることが多く、ボクが知っている中では25〜30冊というのがありました。

 そのお客さまの滞在日数(チェックイン日とチェックアウト日を除いて)6日間でしたので、1冊につき平均2〜3時間かかるとしても、相当集中して読書していることがうかがい知れました。それらの本をデスクの上にズラッと並べてあることもよく見ました。


 また、ホテルで働いていると、とくに常連のお客さまの場合は、そのお客さまのお仕事や専門分野を知る機会も多いのですが、しかしデスクに置いてある本のタイトルを見てみると、そのお客さまのお仕事や専門とは関係のない本が多いことも特徴でした。

 なかには、「あのお金持ちのお客さまが(お金持ちならもう知っていることを扱っているという意味で)こんな本を読むの?」とあまりにも意外で驚いたこともありますが、本書に出てきた大手企業の社長である渡辺さま(仮名)のエピソードからもわかるように、仲間やお付き合いのある方、そして社員や部下が薦める本も積極的に読みます。


 渡辺さまの言葉で今でも覚えているのは、

「インプットしなければ、その情報は知らないのと同じ。誰でも知らないことがたくさんある」

 という言葉です。

 さすが「うまくいかないときはまず自分の価値観を疑ってみる」と言われた渡辺さまらしい金言ですが、これまで接した成功者の言葉をまとめて分析すると、どうも本物のお金持ちが本を読む理由には、深いものがあるようです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「高級ホテル」をもっと詳しく

「高級ホテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ