パトロン求む! 「共感」をお金に変える資金集めプラットフォーム

6月9日(木)15時15分 J-CASTニュース

「CAMPFIRE」トップ画面

写真を拡大

   フェイスブックの「いいね!」ボタンや、ツイッターでの「リツイート」など人々の「共感」が重要視される今、「共感」のメリットを生かした新たなプラットフォームが注目を集めている。



ユーザーから少額の支援

   Webサービス事業を手がけるハイパーインターネッツ(東京・渋谷区)が2011年6月2日にリリースした「CAMPFIRE(キャンプファイア)」は、実現したいアイデアや夢を持つクリエーターと、それに共感して支援する「パトロン」を結びつけるマイクロパトロンプラットフォームだ。


   プロジェクトを立ち上げる際に、賛同するユーザー(=パトロン)から500円から1000円程度の少額の支援を受け、実現に必要な創作費用を集められるというもので、米国ではすでに「Kickstarter(キックスターター)」などの資金調達プラットフォームが人気となっている。


   クリエーターはサイト上にアイデアのプレゼンテーションページ(プロジェクト)を掲載する。最短7日から最長90日までの募集期間に、目標金額の100%以上を集めるとプロジェクトが成立し、その後は任意のタイミングで掲載終了するまで資金を集め続けることが可能だ。集まった金額は、掲載終了時点で同社から支払われる仕組み。また、期間内に目標金額に達しなかった場合は、プロジェクト掲載はそこで終了し、集まった金額は差し引きなしにパトロンに返金される。


プロジェクトのジャンルに制限なし

   一方、パトロンであるユーザーは投資や寄付をするというわけではなく、支援の見返りとして成果物や限定のノベルティーグッズといったものを手に入れたり、ブログや動画でクリエーターが公開する進捗状況を閲覧できたりと、同サイトならではの「特別な感動」を味わえる。支援は、ユーザー登録をした後にクレジットカードでの支払いが可能で、支援しない場合でもプロジェクトにコメントを投稿できる。


   なお、プロジェクトのジャンルに制限はなく、アートや音楽、ジャーナリズム、パフォーマンス、社会貢献などバリエーションは豊富だ。サイトではすでに、「自主制作映画『空喰いの橋』プロジェクト」や、「文字のない小説の別進化版『PGノベル』新作『VANSTAR』執筆プロジェクト」などが成立している。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「フェイスブック」をもっと詳しく

「フェイスブック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ