限定200個がすぐに売り切れ 「お取り寄せかき氷」の実力

6月9日(木)15時16分 J-CASTニュース

手前から夏みかん、宇治金時、いちご、宇治金時

写真を拡大

   船橋屋は、「取り寄せ可能」なかき氷「天然氷河水 かき氷」の予約を2011年6月10日から受け付ける。





氷を袋のままもみほぐすだけ


   独自の製法を使い、パックされた天然氷の氷と、小豆やシロップ、白玉などがセットに。氷を袋のままもみほぐしてカップに開け、後のせの蜜・ミルクなどと混ぜるだけで、サラサラの食感のかき氷が手軽に自宅でも楽しめる。


   味は「宇治金時」「いちご」「夏みかん」の3種類。宇治金時では北海道産の小豆を、いちご・夏みかんでは果肉を使い、ぜいたくな味わいに仕上げている。



増えるリピーター

   業界でもほとんど類を見ないというこの商品、同社によれば3年前の発売以来、主にネットのみでの販売ながらリピーターもつき、過去、三越百貨店の通販カタログに掲載された際には限定200個がすぐに売り切れたという。またすべて手作りで、1日に10〜20個ほどしか作っていないとのこと。


   価格は2700円(送料別)。商品到着は7月1日から8月31日の予定で、船橋屋オンラインショップ(http://www.funabashiya.jp/)から予約を受け付ける。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「かき氷」をもっと詳しく

「かき氷」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ