マック、5月の売上も20%減 16か月連続の前年割れ

6月9日(火)12時15分 J-CASTニュース

   日本マクドナルドホールディングスは2015年6月8日、5月の既存店売上高が前年同月と比べ22.2%減ったと発表した。これで16か月連続の前年割れとなる。

   中国にある仕入先の食品加工会社が使用期限切れ鶏肉を使っていた問題や、相次いで発覚した商品への異物混入問題が影響していると見られる。


   日本マクドナルドでは女性や親子連れの来店客を増やすため、「ママ目線」を打ち出した新プロジェクトや野菜をふんだんに使ったセットメニューなど、さまざまな立て直し策を講じている。

J-CASTニュース

売上をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ