「謙虚」であることを言い訳に、 ”安全地帯”にとどまる人が必ず後悔する理由

6月10日(金)11時0分 ダイヤモンドオンライン

「謙虚」であることは、大きな仕事をするうえでは不可欠です。ただし、「謙虚」であることを”言い訳”に、”安全地帯”にとどまり続ける人がいるのも事実。それで無難な日々を送ることはできるかもしれませんが、長い目で見たときに必ず後悔するときがくる——。トヨタとソフトバンクで世間が注目する「ゼロイチ」のプロジェクトで結果を出してきた、Pepper元開発リーダー・林要さんは、そう断言。自分のキャリアについては、「図々しいくらいでちょうどいい」と言います。その理由を、著作『ゼロイチ』から抜粋してご紹介します。




深く考えすぎずに、まず手を挙げる


 謙虚であることは美徳です。

 謙虚な気持ちを養わなければ、組織のなかでゼロイチを実現することはできません。会社でのあらゆる仕事はチームプレイ。相手の立場を尊重し、相手の意見に真摯に耳を傾ける姿勢がなければ、誰も力を貸してはくれないからです。


 ただし、注意も必要です。謙虚という言葉が自分の「逃げ場所」になってしまうことがあるからです。ゼロイチとは、いわば”分不相応”なチャレンジ。だからこそ、失敗するリスクも高い。しかしそこで、「控え目でつつましくなければならない」と自分に言い訳しながら、”安全地帯”にとどまる選択をしてチャレンジから逃げてしまうことがあるからです。


 これは謙虚の誤用。むしろ、僕は、自分のキャリアについては、図々しいくらいでちょうどいいと思っています。


 振り返ってみれば、僕はずいぶん図々しい人間だと言えます。

「やりたい!」と思ったら、深く考える前に手を挙げてきました。


 たとえば、F1。英語がまったくできず、応募基準も満たしてないのに、F1行きを希望しました。努力してから希望を言うのが謙虚な姿勢でしょうから、「図々しい」を通り越して、「身の程知らず」と思われても仕方ありません。


 さすがの僕も、その認識はありましたが、行きたい気持ちを抑えて、心の内に留めておくことができない。人からどう思われようが、それは、その人が思うこと。ダメならダメと蹴ってくれればいいわけで、誰かに迷惑をかけるわけでもない。遠慮するのは、受け入れられないことを恐れて格好をつけているだけなのかもしれません。むしろ、ダメ元でも希望を表明しておかなければ、その願いが叶えられる可能性は限りなくゼロに近づきます。だから、手を挙げなければ損だと思うのです。


 そして、このとき図々しく手を挙げていたからこそ、ひとりの役員の目に留まり、僕は、F1への切符を手にする幸運に恵まれたのです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「安全地帯」をもっと詳しく

「安全地帯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ