終身雇用の崩壊で、転職市場に現れた中高年「俺様社員」の問題点

6月10日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

転職市場に現れた、困った「俺様社員」とは? Photo:PIXTA

写真を拡大


思い通りにならないと突然キレる中高年社員


 人手不足や終身雇用の崩壊などさまざまな要因で、40代や50代の中高年転職が増加しています。年齢にかかわらず人材が流動化し、磨いたスキルや蓄積した実績がきちんと評価されることは非常に良いことだと思います。


 ただ、その弊害とまでは言いませんが、「これはいかがなものか」という困った転職希望者を見かけるようになりました。それは、中高年の「俺様社員」です。この人たちは一見、物腰は丁寧で、何も問題がないように見えます。ところが、物事が自分の思い通りにならないと、内なる「俺様」が発動します。


 例えば、自分の希望通りの求人案件がないときです。我々が希望をお伺いしたうえで「今すぐご紹介できる案件はありませんが、案件が出てきたら改めてご連絡差し上げます」とお伝えすると、態度が豹変。


「君たちは何をやっているんだ。ちゃんと探しているのか。しっかり探しなさい!」


 それまでは普通に応対していたのに、急に居丈高になるのです。その裏には「私に合う求人がないはずがないだろう。情報探索能力が足りないか、さぼっているのか。君たちはそれで飯を食べているのだからしっかり探しなさい」という気持ちが見え隠れします。


 ところが、人手不足の時代といっても役職が上がれば上がるほど案件は減り、かつ求められる実績やスキルも高いため、すぐその人にご紹介できる案件があるとは限りません。時期的な問題もあります。しかし、そうしたマーケットの状況が「俺様社員」には理解できないようです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「中高年」をもっと詳しく

「中高年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ