【優勝!大島優子の出身地・栃木名物とは(4)】日本一奪還へ燃える宇都宮餃子

6月10日(日)12時32分 J-CASTニュース

   ギョーザの街として知られる栃木県宇都宮市が、餃子消費量日本一の座の奪還へ向け、燃えている。




   15年連続で日本一だったが、2011年は東日本大震災の影響もあり、2位に転落した。2012年は、1位への返り咲きに向け、「一日だけの餃子祭り」(6月3日)を市内で開くなど意気込みを見せている。


   そんな「宇都宮餃子」を自宅で楽しみたいという人のために、「お取り寄せ」販売を行っている店舗もある。


   「ぎょうざ専門店 正嗣」サイトを見ると、「餃子にこだわり続けて40年 宇都宮でも老舗と呼ばれるようになりました」「常に行列ができてる超人気店」などとなっている。通信販売用の値段は、「生ぎょうざ1箱30個入り(5人前、タレつき)」1000円。


   「餃子 宇都宮みんみん」は、1958(昭和33)年、宇都宮市の中心部に開店した。「創業者が北京で覚えた味に工夫を重ねた」そうだ。「お取り寄せ」ページによると、冷凍生餃子3人前(18個、たれ大1個)660円など。


   宇都宮餃子会のサイトでは、市内のギョーザ店食べ歩きマップなどを紹介している。


   
<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「出身地」をもっと詳しく

「出身地」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ