学生の自由な発想でプラスチックゴミ削減を目指す!BRITA Japanが企画・デザイン案を募集する「BRITA学生マイボトルコンテスト2019」を開催

6月10日(月)14時40分 PR TIMES

募集期間:2019年6月10日(月)〜10月31日(木)※1 URL: https://www.mbcon.jp

[画像1: https://prtimes.jp/i/563/130/resize/d563-130-993309-1.png ]

 ドイツ生まれの家庭用浄水器メーカーBRITA Japan株式会社(東京都中央区、代表者:マイケル・マギー)は、「BRITA 学生マイボトルコンテスト 2019」を開催し、2019年6月10日(月)より参加者の募集を開始いたします。

 「BRITA 学生マイボトルコンテスト 2019」は、ペットボトルごみの量を減らす有効な手段として注目されている「マイボトルを持つ人が増えるためにはどうすれば良いか」というテーマで、学生から自由なアイディアを募集するコンテストです。

 昨今、世界中でペットボトルごみが深刻な問題として議論されています。日本は1人あたりの使い捨てプラスチックごみの発生量が米国に次いで世界第二位と多く※2、清涼飲料用ペットボトルは1年間に227億本も使用する※3など、中長期的な対応が求められています。
 BRITA Japanは、これからの世の中を動かす次世代リーダーとなる学生に、環境について考えるきっかけを提供したいという想いから本コンテストを開催いたしました。本コンテストは、2019年に使い捨てプラスチックゴミ削減を目指して発足した「BRITA EcoWater Action 2021」の一環として実施するプログラムです。また、本コンテストをきっかけに、民間企業であるBRITA Japanと研究・教育機関との交流を生み出し、「BRITA EcoWater Action 2021」やBRITAの企業活動にいかしていく産学連携の取り組みも推進していきたいと考えております。

 BRITA Japanは、今後も水を通して環境保全に関わる取り組みを積極的に実施してまいります。

※1:事前エントリーの締切は10月20日(日)まで。
※2:国連環境計画(UNEP)2018年6月発行「Single-use Plastics: A roadmap for Sustainability」より
※3:PETボトルリサイクル推進協議会「PETボトルリサイクル年次報告書2018」より

■BRITA 学生マイボトルコンテスト2019 概要
 マイボトルを持つ人が増えるためにはどうすればよいか、をテーマに、企画・デザイン案の2軸でアイデアを募集します。

<募集期間>
2019年6月10日(月)〜10月31日(木)
応募にあたっては事前エントリーが必要となります。エントリー〆切は10月20日(日)まで。

<応募条件>
・「マイボトルを持ってペットボトルごみを削減させよう」という本コンテストの趣旨に賛同していること。
・「企画提案」は2名以上のチーム、「デザイン提案」は1名以上で応募すること。
・メンバー全員が2019年4月1日時点で大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(各種学校)、に在学していること。
※チームはゼミ、サークル、同じ授業の履修者、NPOのボランティアなど、どのような組み合わせでも構いません。

<賞金>
最優秀賞 :5万円(1点)
優秀賞 :3万円(2点)
BRITA賞 :3万円 (1点)
オルタナ賞 :3万円 (1点)

<審査基準>
趣旨への理解、実現可能性、新規性

<結果発表>
2019年11月中旬(予定)

<応募の流れ>
1.事前エントリー(10月20日(日)まで)
主旨に賛同したチームや個人は事前エントリーをしてください。
その際にチーム名(ないしは個人名)・チーム写真・自己紹介コメント等の提出をお願いします。
※チーム情報は本サイトに順次掲載します。

2.本提案(10月31日(木)まで)
A・Bいずれかの部門をお選びください
※提案提出先は事前エントリー後に返信にてお伝えします。

A.企画部門
マイボトルを取り巻く現状や課題などを記した上で、マイボトルを持つ人が増えるための企画を提案してください。資料はパワーポイントなどのプレゼンテーションソフトで作成してお送りください。

B.デザイン部門
マイボトルを持ちたくなるようなポスターやグッズ、キャラクターなどのデザイン作品を応募してください。作品は撮影した画像やデータにしてお送りください。

注意事項
・ご応募頂いた企画・デザインは、応募者自身のオリジナルで未発表のものに限ります。
・提出物は返却いたしません
・応募した企画やデザインの著作権は応募者にあります。
・主催者はすべての応募企画・デザインについて、印刷物・展示会・インターネット等で発表する権利を保有します。
・新たに取り決める必要が生じた場合は主催者の判断によって決定できるものとしますが、応募者が同意できない場合は応募を撤回できます。

■大学の方へ 産学連携について
コンテストに応募を検討されている大学にはプロジェクトメンバーによる出張講義等も行っています。ドイツに本社があるグローバル企業で、かつ世界的なペットボトルごみ削減や課題解決に取組むBRITA社にご興味のある大学関係者はお気軽にご相談ください。また、実施した際には大学の広報にご活用頂くことも可能です。ご相談はHPから、必要事項をご記載の上ご送付ください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/563/130/resize/d563-130-514490-4.jpg ]

【BRITA EcoWater Action 2021について】
「EcoWater Action 2021」は、エコな水道水を活用し、ペットボトルごみの削減を目指してBRITA Japanが2019年に発足したプロジェクトです。自社の取り組みだけにとどまらず、組織を超えた連携「コレクティブ・インパクト※4」によって、使い捨てプラスチックごみ問題の解決に向けて取り組んでまいります。

※4:「コレクティブ」インパクト」とは2011年に「Stanford Social Innovation Review」で発表された論文で定義され、様々な組織(例:行政、企業、NPO、大学など)が、組織間の壁を越えて社会的課題の解決を目指すアプローチのこと。

【BRITAについて】
ブリタは、1966年ドイツで誕生。
現在では、世界5大陸60カ国以上で広く親しまれている浄水器のリーディングブランドです。
欧州では家庭用浄水器だけでなく、
業務用ろ過システムの開発、製造、販売も展開しています。
会社名   : BRITA Japan株式会社(ブリタ・ジャパン株式会社)
本社    : 東京都中央区銀座3-15-10 菱進銀座イーストミラービル7F
ウェブサイト: www.brita.co.jp

PR TIMES

「プラスチック」をもっと詳しく

「プラスチック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ