LEXUS新型「LS」、TOYOTA新型「MIRAI」に搭載している「冗長電源モジュール」をトヨタ自動車と共同開発

6月10日(木)13時29分 PR TIMES

〜電源の安定供給により、高度運転支援技術の実現や車両の安全性能向上に貢献〜

株式会社デンソーテン(本社:兵庫県神戸市、社長:加藤 之啓)は、乗員に安心感を与える高度運転支援技術の実現と車両の安全性能向上に貢献する「冗長電源モジュール」をトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)と共同開発しました。本製品は、2021年4月に発売されたLEXUS新型「LS」および、TOYOTA新型「MIRAI」に搭載された高度運転支援技術「Advanced Drive」向けの製品として採用されています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4601/46/resize/d4601-46-132663-2.jpg ]

高速道路などの自動車専用道路において活用され、ドライバーによる監視のもと、交通状況に応じて、車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行う高度運転支援技術「Advanced Drive」の実現には、各センサーへ安定した電力を供給する「電源信頼性」が必要です。
 また、記載車両の電源信頼性を確保するには、メイン系統電源に何らかの障害が発生した場合でも、車が安全に停車するまでサポートできるよう、サブ系統電源から各機器へ電力供給を行うことができるといった、「電源冗長」が不可欠です。
 今回新たに開発した「冗長電源モジュール」は、メインおよびサブ系統間の電源制御と、サブ系統電源として使用する電池を監視する電池制御をひとつのECUに集約し統合制御を行うことで、電源冗長を実現しています。


本製品を通じて、乗員に安心感を与える高度運転支援技術の実現と車両の安全性能の向上に貢献します。


当社では今後も、グループが2030年に目指す姿『VISION2030』における、人と地球に優しい製品でクルマの魅力を高める「クルマの価値向上」や、移動の課題を解決し人々の生活を豊かにすることに貢献する「生活の価値向上」への取り組みを具体化し、お客さま・社会に貢献していきます。


今回の取り組みを通じて、以下のSDGsの達成を目指します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4601/46/resize/d4601-46-990680-1.png ]

PR TIMES

「トヨタ自動車」をもっと詳しく

「トヨタ自動車」のニュース

「トヨタ自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ