世界でGMSのFinTechサービスを利用した車両の総走行距離“2.5億km(地球約6,250周分)” 突破

6月10日(木)15時47分 PR TIMES

https://www.global-mobility-service.com/

 自動車を所有できない世界の貧困/低所得層 約17億人に向け、IoT技術を活用した信用創造サービスを提供する金融包摂型FinTechベンチャー・Global Mobility Service株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中島 徳至 以下「GMS」)は、GMSのFinTechサービスを利用した車両の総走行距離が”2.5億km(地球約6,250周分)”を突破しましたことをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/29681/66/resize/d29681-66-896500-2.png ]

 これまで貧困や低所得のために金融サービスにアクセスできず、車を購入できなかった多くの人々が、GMSのFinTechサービスによって初めて車を所有することができました。“2.5億km”という数値は、新型コロナウイルス感染症の対策により行動が制限される中でも、ドライバーの皆様が柔軟に環境に適応し、懸命に働いてきた証です。未だ新型コロナウイルス感染症の収束が不透明で経済格差が拡大している中、当社サービスへのニーズは高まっております。真面目に働くドライバーの皆様のため、GMSは今後も事業成長を加速してまいります。

 GMSは、今後も、SDGsの中でも最重要課題とされる「貧困」などの社会課題を解決する中に経済合理性を創出し、真の意味で「サステイナブル」なビジネスモデルを日本及びASEAN諸国でより一層推進してまいります。GMSの取り組みの様子はこちらの映像をご覧ください(https://youtu.be/XB869tmWZlM)。

 これからのGMSの取り組みに、どうぞご期待ください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/29681/66/resize/d29681-66-807062-1.png ]

※プレスリリースに掲載されている内容、資本関連、サービス、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

■Global Mobility Service株式会社の概要
 GMSは「真面目に働く人が正しく評価される仕組みを創造する」をビジョンに掲げ、世界の貧困/低所得層 約17億人の信用創造を行う金融包摂型FinTechベンチャーです。自動車の遠隔起動制御技術を搭載した IoT デバイス「MCCS」で収集した車両データ(走行状況、速度等)と金融機関と連携して取得した金融データ(支払い状況等)を分析することで、ドライバーの信用力を可視化し、従来の与信審査には通過できなかった方へ、ローンやリースなどの金融サービスを活用する機会を創出します。
 日本国内及びASEAN諸国(フィリピン/カンボジア/インドネシア)において低所得層の就業機会を創出する社会解決型のビジネスモデルが評価され、2020年10月時点で累計約56億円の資金調達を実施しています。貧困などの問題を解決する中に経済合理性を創出したビジネスモデルにより、豊かな社会の実現に向けて、国際社会に貢献してまいります。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/29681/table/66_1.jpg ]


  (R)登録商標 GMS、MCCS、MSPFは登録商標です。

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ