ものづくり現場に貢献するAI外観検査ソフトウェアを販売開始 〜従来の目視での検査をAIで自動化・簡単解決〜

6月11日(火)10時0分 @Press

マイクロスコープや産業用カメラなど光学機器の企画、製造、販売を行う株式会社松電舎(本社:大阪市北区)は、AI外観検査ソフトウェア「AI-Detector」を2019年6月25日より販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/185735/LL_img_185735_1.jpg
AI-Detector

株式会社松電舎 AI-Detectorホームページ
https://www.shodensha-inc.co.jp/ja/ai-detector/

AI-Detectorで異物混入検査(デモ動画)
https://www.youtube.com/watch?v=pTCHcDtAqH0


■AI-Detectorについて
株式会社松電舎はマイクロスコープや産業用カメラなど「視る」をコンセプトに創業から様々な分野へ技術革新・品質向上に貢献してきた光学機器のメーカーです。
2028年に10億企業を目指す松電舎は創業15周年になる2019年、いよいよものづくりAI分野に進出します。

【最短1時間で検査開始も可能な簡単導入&低価格を両立】
製造業の生産現場では必ず必要となる外観検査。
従来の外観検査では必要だったややこしい設定等が必要なく、AIの専門知識、プログラミング、データを蓄積するクラウドも不要です。パソコン1台、グラフィックボード一枚、ソフトウェアで簡単に検査を始められます。

通常最低100枚以上必要だったトレーニング画像が最低15枚、通常半日から1日かかるラーニング時間が最短1時間で検査開始が可能なため導入も簡単です。
更に個数カウント・有無検査の最小限に機能を絞り、汎用ソフトとしてアプリケーション化したため、178,000円(税抜)の低価格となっております。

【メーカーだからこそできる充実サポート】
光学機器メーカーのノウハウを活かし、検査を行う際にソフトウェア以外に必要となるUSBカメラ、レンズなども豊富に取り揃えております。すべての機器に無料のデモ機をご用意し、実際の現場で試していただけるよう無料デモ機貸出サービスも実施いたします。メーカーだからこそできる技術サポートも充実。


ますます自動化が加速している製造業のものづくり現場。
人間が人海戦術で担っていた合否判定などの場面ではAI外観検査ソフトがその代わりをはたし、ものづくり現場のトラブルを回避、生産性向上に株式会社松電舎は貢献いたします。


■会社概要
会社名 : 株式会社松電舎
本社 : 〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル東館7F
代表者 : 代表取締役 北川圭郎
設立 : 2004年10月
事業内容: 光学機器、光学機器の周辺機器、作業観測測定器の企画および製造
URL : https://www.shodensha-inc.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ソフトウェア」をもっと詳しく

「ソフトウェア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ