あなたにとって「面倒くさい人」は自分の弱点を写す鏡かもしれない

6月11日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン


これまで、会社によくいる「面倒くさい人」のパターンや背後にある心理メカニズムについて紹介してきました。今回はどんな人を「面倒くさい」と感じるかについて、『かかわると面倒くさい人』の著者・榎本博明氏が解き明かします。


上司にとって「面倒くさい部下」は

後輩にとって、「頼りになる先輩」か?


 これまで会社によくいる「面倒くさい人」のパターンやその背後にある心理メカニズムについて紹介してきました。


 ここで注意したいのは、どんな人を「面倒くさい」と感じるかは、立場や価値観によってまったく変わってくる、場合によっては、まったく正反対になることもあるという点です。


 例えば、多くの上司にとって、部下に仕事の指示をした時に、


「この仕事、どういう意味があるんでしょうか?」    

「そういうやり方をしなくても、○○のやり方をすればもっと効率よくできませんか?」


 といちいち疑問を呈するような部下は、面倒くさい厄介な存在となりがちです。たとえ、部下の指摘が的を射たものであったとしても、


「いいから、つべこべ言わずに、指示通りに動いてくれよ」


 と内心、思ってしまう上司も少なくないでしょう。


 一方で、どんな仕事でも、「はい、わかりました」と忠実に従ってくれる部下は、気分よく接することができるため、上司から見ると“かわいい部下”ということになりがちです。


 しかし、その“かわいい部下”は、後輩である新人からどのように見られているのでしょうか?





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「心理」をもっと詳しく

「心理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ