無駄を一切排すカーデザインと日本の美意識が共鳴する 「ISSEY MIYAKE」新作リストウオッチ

6月11日(月)12時0分 J-CASTニュース

SILAY003、価格3万9900円

写真を拡大

   セイコーインスツルは2012年6月中旬、「ISSEY MIYAKE ウオッチ・プロジェクト」から日本を代表するカーデザイナー和田智氏のデザインによる新たなシリーズ「W(ダブリュ)」を発売する。



   シリーズのコンセプトは、「伝統的な日本の美意識をベースに、そのミニマルな精神を新たなウオッチの中に打ち出す」こと。



   たしかに、日本的なモノトーの配色、単純なピースを組み合わせた文字盤デザイン、ミニマルなデザインで統一されている。カーデザイナーらしい、車のホイールや計器類を思わせるデザインも、ただの遊び心というよりは、「こうあらねばならない」という説得力すら感じられる。商品展開は4種類で、価格は3万9900円から4万7250円。



   デザイナーの和田智はこれまでに、日産とアウディでのカーデザインを担当。アウディ時代には、「世界でもっとも美しいクーペ」を作った呼ばれた経験をもつ。1996年に自身のデザインスタジオ「SWdesign TOKYO」を設立し、現在も精力的に活動を続けている。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「ISS」をもっと詳しく

「ISS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ