台湾・高雄市が被災小学校へ贈り物 「水害時の支援に感謝」のフルーツ

6月11日(月)13時8分 J-CASTニュース

子どもたちへ台湾フルーツのプレゼント

写真を拡大

   台湾南部に位置する高雄市の関係者らが2012年6月8日、東日本大震災の被害を受けた仙台市立中野小学校と荒浜小学校を訪れ、高雄市の特産品である台湾フルーツ(ライチ・バナナ・パイナップル)を贈った。



水害から復興した農家が栽培


   中野小学校でおこなわれた贈呈式では、高雄市の呉宏謀(ご・こうぼう)書記官が、



「皆さんの元気な姿が見られて嬉しいです。おいしく味わって頂ければ幸いです。遠い高雄からいつも応援しています」


と挨拶。出席した中野小学校の教師と2年生の児童13名に、「情熱と思いやり」を花言葉にもつアンスリウムを添えた全校生徒86名分の台湾フルーツを贈った。受け取った児童は声を揃えて元気よく「ありがとうございました」と感謝の言葉をのべ、ライチを食べた児童は、「おいしかった。台湾から持ってきてくれて嬉しい」と笑顔で話した。



   今回贈られた台湾フルーツとアンスリウムは、2009年8月に高雄市をおそった大型台風による水害から復興した農家が栽培したものだ。高雄市は、「水害時に日本の皆さんから頂いた多数の支援に感謝しています」として、2011年3月の東日本大震災以降、多くの支援活動をおこなっている。陳菊市長がすべての市職員に給料1日分の寄付を呼びかけ義援金を送ったほか、2012年3月にも宮城県内7つの小学校でバナナを配布した。今後もフルーツの贈呈など、積極的な支援を続けていくという。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「小学校」をもっと詳しく

「小学校」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ