バーニーズ ジャパン、ラグジュアリーブランドとしての接客品質を継承するコマースプラットフォームへの刷新でSalesforce Commerce Cloud を採用

6月11日(火)0時40分 PR TIMES

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、 株式会社バーニーズ ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 高橋幸智、以下:バーニーズ ジャパン)が Salesforce Commerce Cloud を採用したことを発表しました。これによりバーニーズ ジャパンは、実店舗で提供するラグジュアリーな顧客体験の品質を継承したコマースプラットフォームへと刷新します。

バーニーズ ジャパンは、バーニーズ ニューヨークの日本法人として1989年に設立して以来、現在ではラグジュアリースペシャリティストアの草分けとしてアウトレットの6店舗を含む12店舗を展開しています。

「TASTE, LUXURY, HUMOR」を企業理念に、既存の価値観にはない新しいムーブメントにチャレンジしファッションを通じて常に世の中を楽しませることを大事にしてきました。

バーニーズ ジャパンでは、顧客を理解することが今後のさらなる事業成長を推進していく上で欠かせないとしています。その中で、ショッピングにおけるニーズが多様化する、特に若い世代を含む新規顧客を獲得していくために、実店舗のみならず、Eコマース事業を含むオムニチャネル戦略を強化していくことが必要でした。これを実現するために、バーニーズ ジャパンならではのパーソナライズした接客による実店舗でのショッピング体験を、Eコマース上においても継承することでブランディングをより強化することが課題となっていました。

バーニーズ ジャパンでは、あらゆる接点における顧客体験をシームレスに連携するため、実店舗のみならず、すでにクロスチャネルでのマーケティングキャンペーン活用で導入していた Salesforce Marketing Cloud との統合も見据えて Commerce Cloud を採用し、同社のコマースプラットフォームを刷新することで、将来的に業務の内製化を進めていくことを見据えています。さらに、Eコマースにおいても実店舗と同じ接客品質を実現していくためにも、Einstein AI によるレコメンデーション機能や多様なモバイル決済への対応、顧客の行動などにもとづいたキャンペーンの設定や実施などが Commerce Cloud の標準機能として搭載されていることも決め手となりました。

今後バーニーズ ジャパンでは、自社でEコマースにおける顧客のショッピング行動を分析し、そこで培うノウハウにもとづく次のキャンペーンやサービス向上を実施していきます。また、実店舗とEコマースにおける顧客情報を提供するサービスにも連動することで、同社のラグジュアリーブランドを確立する接客品質をオムニチャネルで展開し、顧客との新しい関係構築につなげていきます。

###
[画像: https://prtimes.jp/i/41550/20/resize/d41550-20-587654-0.png ]

セールスフォース・ドットコムについて
CRMにおけるグローバルリーダーであるセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

PR TIMES

「採用」をもっと詳しく

「採用」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ