4年連続優勝!日本人選手がダンス大会で世界の頂点に!「ICUチアリーディング世界選手権2019」創価大学生が日本代表として金メダルを獲得!

6月11日(火)12時40分 PR TIMES

チーム動画URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=maNRDtyyT-w
ダブルス動画URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=AvbtwyrmEdM

[画像1: https://prtimes.jp/i/35673/18/resize/d35673-18-528705-0.jpg ]

アメリカのフロリダ州で4月24日(水)〜4月29日(月)(現地時間)に行われた「ICU(国際チア連合)チアリーディング世界選手権2019」に、日本代表として創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)の学生が出場し、「ヒップホップ・ダブルス」では4年連続の1位、「チームチア・ヒップホップ」では3年連続の1位を獲得しました。

ICUチアリーディング世界選手権大会は、チアリーディング、ダンスという競技の世界発展と普及のために組織され、現在では参加国100カ国以上、約30,000人という、チアリーディング、ダンスの世界レベルの大会の中では、最も規模の大きい選手権です。ICUチアリーディング世界選手権は、世界中からトップのチアリーダーやダンサーが集まりその技を競い合う、年に一度の公式国際試合です。今大会では、本学の松尾正樹さん(文学部4年)、尾本幸一さん(教育学部4年)ペアが「ヒップホップ・ダブルス」に出場し、4年連続の金メダルを獲得しました。また、松尾正樹さん、尾本幸一さん、瀬下孝一さん(教育学部4年)、森愛海さん(経営学部3年)、桑島温希さん(経済学部2年)、下川孝二さん(経営学部2年)、杉山皐月さん(経営学部2年)が日本代表「WORLDWINGS 2WDC」の一員として「チームチア・ヒップホップ」に出演し、3年連続の金メダルに輝きました。

◆各競技の成績
Hip-hop Doubles
1位 Japan
2位 Russia
3位 Ecuador

Team Cheer Hip-hop
1位 Japan
2位 United States of America
3位 Philippines

[画像2: https://prtimes.jp/i/35673/18/resize/d35673-18-520648-1.jpg ]

         <ヒップホップ・ダブルス>4大会連続で金メダルの松尾さん、尾本さんペア
[画像3: https://prtimes.jp/i/35673/18/resize/d35673-18-936736-2.jpg ]

        <チームチア・ヒップホップ>「WORLDWINGS 2WDC」は3年連続の金メダル

◆コメント
<松尾さん>
「今回は、アクロバットだけでなくダンスの質向上に挑戦してきました。そこを評価してもらい、世界一の結果を残せたことをとてもうれしく思っています。世界を舞台に4連覇を果たすことができたのも、両親やコーチ、チームメンバーをはじめたくさんの方々の支えと応援のお陰だと、本当に感謝しています。今回の経験を新たなスタートとして、これからもいろんな人に勇気を与えられるダンサーを目指し、感謝を忘れずにがんばっていきます。」

<尾本さん>
「追われる立場としての挑戦でプレッシャーもありましたが、他団体を気にするのではなく、自分たちの限界を超える演技を目指し練習してきました。今まで以上に難易度の高い新しい振りや構成のダンスを全員でそろえることはとても大変でしたが、大会では苦労を乗り越えた経験をダンスで表現し、観てくださる方へ感謝と希望を送りたいとの思いを込めて、心から楽しんで踊ることができました。今後もダンスの魅力を発信していけるよう、さらに練習に励んでいきます。」

◆創価大学とは
1971年に「人類の幸福と世界平和の構築」を目的として開学。開学以来、海外の大学と交換留学制度の協定を結ぶなどグローバル人材の育成に力をいれてきた。文部科学省により高等教育の国際競争力の向上を目的として設立された「スーパーグローバル大学創成支援事業」にも採択され、2018年2月に発表された中間発表では最高評価の「S」を獲得した。また、世界大学ランキング日本版の「国際性」のランキングにおいては16位にランクインしている。(2019年時点)

■大学名:学校法人創価大学
■理事長:田代康則
■設立:1971年4月
■学生数:7,708名(学部生、大学院生合わせて)
■創価大学交流大学数:61カ国・地域/214大学(2019年5月現在)
■創価大学で学ぶ留学生数:55カ国・約700名(2019年5月現在)

PR TIMES

「金メダル」をもっと詳しく

「金メダル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ