ネバダ大学ラスベガス校とシーザーズ・エンターテインメント、ゲーミングやホスピタリティ分野の新コンセプトを試す 革新的テクノロジー・ハブを設立

6月11日(火)11時40分 PR TIMES

「ブラック・ファイア・イノベーション」と名づけられた約4,000平方メートルのスペースに、シーザーズのカジノとリゾートを再現することで、現実的な環境下で製品の試験や、学生の職業訓練が可能に

【2019年4月29日 ラスベガス】 ネバダ大学ラスベガス校(以下UNLV)とシーザーズ・エンターテインメント(NASDAQ: CZR)は本日、ゲーミングとホスピタリティおける新たなコンセプトを創造し、試験するためのテクノロジー・ハブ施設「ブラック・ファイア・イノベーション」の設立を発表しました。約4,000平方メートルのイノベーションスペースには、模擬客室やカジノ、スポーツブック、eスポーツ競技場、バーチャルリアリティ設備が設置されています。ブラック・ファイア・イノベーションは、学術界のリーダーと世界で最も多様化されたカジノ・エンターテインメント企業の一つであるシーザーズ・エンターテインメントが、ホスピタリティのトレンドとゲーミング技術を向上し業界を一歩前に進めるために協働する場となります。オープニングは2019年末を予定しています。

[画像: https://prtimes.jp/i/26500/56/resize/d26500-56-266118-0.png ]



ブラック・ファイア・イノベーションの本部は、ラスベガス南西部に位置するネバダ州ラスベガス校ハリー・リード・リサーチ・アンド・テクノロジー・パーク内の最先端研究施設内に設置されます。この多目的スペースでは、大学、シーザーズやパートナー企業が統合型リゾートの模擬施設を利用し、新たなコンセプトを開発、試験することが可能となります。模擬客室、スロットマシーンやゲームテーブルを配備したカジノ場、プレゼンテーション・展示場、スポーツブック、eスポーツ競技場そしてバーチャルリアリティ設備などを備えた同施設は、新しいアイデアや商品のオンデンド・テスティングの他、既存パートナーおよび将来のパートナー向けにイノベーションを披露する場となります。

UNLVのマルタ・メアナ学長は次のように述べています。「今回のシーザーズ・エンターテインメントとの連携により、UNLVのリサーチおよびイノベーションのリーダーとしての役割が強化され、ゲーミングとホスピタリティ分野の知の中心地としてのラスベガスの地位が一層高められます。ブラック・ファイア・イノベーションのような共有施設により、当大学の学生は業界最前線で活躍する専門家への比類ないアクセスを得ることになります。これは、ラスベガスにしかないUNLVの誇りと感じております。」

ブラック・ファイア・イノベーション施設で行われるリサーチはブロックチェーン、人工知能、バーチャルリアリティなどの新興テクノロジーに焦点を合わせたものとなり、農業、心理学、美術などとも分野横断的な学際的連携も行う予定です。また、施設を利用する新興企業、研究者、パートナー企業には、これら技術によって、統合型リゾートが新しい顧客にアピールするためのゲーミング、スポーツベッティング、ソーシャルスペースへのアプローチ方法を変革している様を見聞する機会を提供することになります。

シーザーズ・エンターテインメントのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高情報責任者(CIO)であるレス・オトレンギは次のように述べました。「我々はゲーミング、ホスピタリティ業界においてトップレベルの研究者と業界の専門家をユニークな協働環境に集結させることで、まさに前例のない形でイノベーションを加速させていく所存です。ブラック・ファイア・イノベーションは、この技術拠点を通じて新鋭の学生人材、技術パートナー、そしてコミュニティとともに協働しながら、今後何年にもわたりエンターテインメント業界の未来を形作る創造性と起業家精神を促進するよう設計されています。」

ブラック・ファイア・イノベーションを利用するのは、主としてUNLVの研究・経済開発学部の学生とシーザーズ・エンターテインメントの社員ですが、研究や試験コンセプトの深化を図る民間の産業パートナーも利用することができます。テクノロジー・ハブは、急速に成長し続ける業界で能力を発揮することができる新たな人材を教育するとともに、戦略的パートナーシップを促進し学生の能力および起業家精神を高めるような協働研究環境を育むことが期待されています。

ブラック・ファイア・イノベーションは、現在建設中のマスタープランに基づくUNLVのハリー・レイド・リサーチ&テクノロジーパークにある約10,312平方メートルの4階建てイノベーションビル内に設置される予定です。UNLVと、UNLV研究財団およびガードナー・カンパニー間のパートナーシップによるテクノロジーパークは、事業、研究、テクノロジーを融合し南ネバダ州一体の経済成長政策を推進する契機となるでしょう。

###
UNLVについて
ネバダ大学ラスベガス校(University of Nevada, Las Vegas, 略称:UNLV)は、カーネギー分類による「極めて高度な研究活動」を行う米国の研究機関のトップ3%に属する州立大学です。30,000人以上の学生と3,500人の教授およびスタッフを擁し、博士号課程を提供しています。UNLVが提供する様々な学術プログラムは高い評価を得ており、大学はトップクラスの学生と教授の募集および定着、多様化する地域の住民および労働人口の教育、南ネバダ州の経済活動の推進に取り組んでいます。詳しくはウェブサイトunlv.eduをご覧下さい。

ガードナー・カンパニーについて
ガードナー・カンパニーは、ユタ、アイダホ、ネバダ州に拠点を構えるオフィスビル、リテールおよび産業、医療ビルの開発を専門とするフルサービスの不動産会社です。地域最大の不動産ポートフォリオの一つを有するガードナーの企業理念は、顧客、コミュニティ、環境に最高水準の利益をもたらし、人々や企業のパートナーとなることで、素晴らしい関係を築いていくことです。詳細はgardnercompany.netにてご確認ください。

シーザーズ・エンターテインメントについて
シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション (NASDAQ上場:CZR)は、ホスピタリティ、MICE、ライブ・エンターテインメント、ゲーミング業界のグローバルリーダーです。80年前の創業以来成長を続け、今日では米国ラスベガスの9施設をはじめ世界で50以上のホテル、リゾート、カジノ施設を運営しています。多数の受賞暦を誇る統合型リゾートへの滞在客は、年間1億1,500万人以上にのぼり、リゾート内ではマライア・キャリー、グウェン・ステファニー、クリスティーナ・アギレラなどによる数年間の定期ライブ公演に加え、セレブリティ・シェフのギー・サヴォア、ゴードン・ラムゼイ、松久信幸(ノブ)などのレストランをお楽しみいただいています。また、シーザーズはMICE業界のリーダーとしても知られ、2,000人を越える専任スタッフが、年間2万件の会議、カンファレンス、イベントをサポートしています。シーザーズは、最高水準の規範に基づいた運営によって、責任あるゲーミングの分野のパイオニアとして広く認識されています。シーザーズは、1980年代に責任あるゲーミング・プログラム制度を確立し、以来、この分野において数十年にもわたる専門的経験を有しています。世界の従業員数は約7万人、管理職の44%を女性が占め、ラスベガス・レビュー・ジャーナルなどから「最も働きやすい職場」に選ばれ続けています。シーザーズは、責任ある環境保護の重要性も認識しており、持続可能な経済を推進する国際非営利プロジェクトCDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)より、気候変動、ウォーター、サプライヤー・エンゲージメントのリーダーシップレベル企業と認定されています。シーザーズは、質の高い雇用やその他経済メリットの創出を通じて日本の地域社会を活性化し、世界各地から観光客を呼び込むことができる世界基準のジャパニーズ・エンターテインメント・リゾート(JER)を開設・運営するため、日本への長期にわたる投資家となり日本のパートナーと協業していくことに尽力します。

より詳しい情報は、http://www.caesars.co.jpにてご覧頂けます。

PR TIMES

「ラスベガス」をもっと詳しく

「ラスベガス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ