薄膜半導体(TFS)蒸着市場-テクノロジー別、アプリケーション (通信、エレクトロニクス、自動車、産業、データ処理) および地域別- 分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2022-2030年

6月11日(金)10時16分 PR TIMES

Kenneth Researchは調査レポート「薄膜半導体(TFS)蒸着市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年06月 10日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10294049

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

薄膜半導体(TFS)蒸着市場は、2022に2019.3憶米ドルの市場価値から2030末までに5404.4憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に15.1%のCAGRで拡大すると予測されます。

薄膜半導体フォイルは、人工半導体材料でできています。その厚さはさまざまで、ナノメートルまたは数百ミリメートルまで測定できます。最近では、形状の柔軟性、省スペース、軽量化、高効率など、TFS が提供する多くの利点により、TFS の需要が大幅に増加しています。したがって、従来のシリコンと比較すると、フィルム半導体フォイルははるかに便利です。

TFS 蒸着市場の成長は、回路の小型化の必要性、スマートフォン業界、家庭用機器、および航空機におけるセンサーの需要の高まりからの刺激を受けています。フレキシブル エレクトロニクス、薄膜ソーラー パネル、バッテリー、フレキシブル ディスプレイの需要の急増も市場の成長を牽引しています。

UHD(超高解像度)、3D テレビ、ハイブリッド ラップトップなどの消費者向けテクノロジーの技術革新により、集積回路の需要が高まっています。これにより、TFS 蒸着の市場にプラスの成長がもたらされます。3D、NAND、DRAM (Dynamic Random Access Memory) などのハイエンド メモリ デバイスの需要の高まりにより、テクノロジの需要がさらに高まります。

市場セグメンテーション洞察

[画像: https://prtimes.jp/i/59861/1186/resize/d59861-1186-828468-1.png ]



テクノロジー別
テクノロジーに基づいて、市場は物理蒸着 (PVD)、化学蒸着 (CVD) などに分類されます。それら中でも、CVD 技術は世界で高い収益シェアを保持しています。この成長は、最も急速に成長している太陽光発電技術の広範な使用、より簡単な製造プロセス、および低い製造コストに起因しています。

アプリケーション別

アプリケーションに基づいて、市場は通信、エレクトロニクス、自動車、産業、データ処理に分類されます。それらの中で、エレクトロニクスセグメントは近い将来に加速すると予測されています。TFS は、DRAM、マイクロプロセッサ、ウェアラブル技術、太陽光発電パネルなどのさまざまな電子アプリケーションで広く使用されています。

薄膜半導体(TFS)蒸着市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域は、主に消費者と電子機器メーカーの巨大な基盤の存在により、最大の収益を生み出す地域として浮上しています。これに北米、ヨーロッパが続きます。アジア太平洋諸国の中で、中国は最大の収益貢献をしています。この国は太陽光発電に多額の投資を行っており、大手電子企業は市場の発展を大いにサポートする製造施設に注力しています

薄膜半導体(TFS)蒸着市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「薄膜半導体(TFS)蒸着市場」というタイトルのレポートは、薄膜半導体(TFS)蒸着市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場におけるキープレイヤー

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の薄膜半導体(TFS)蒸着市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。薄膜半導体(TFS)蒸着市場における業界のリーダーはTFS deposition are Applied Materials, Tokyo Electron Limited, Lam Research, Shin-Etsu Chemical Co Ltd、itachi Kokusai Electric Inc., CVD Equipment Corporation, AIXTRON SE, Ihi Hauzer Coating B.V, Sumco Corporation, and Oerlikon Balzers. Tokyo Electron (TEL) and Oerlikon Solar などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/thin-film-semiconductor-tfs-deposition-market/10294049

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

PR TIMES

「半導体」をもっと詳しく

「半導体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ