Garminから業界最小クラスのドラレコ3機種が登場! GDRシリーズE530/S550/E560が2017年6月23日(金)発売

6月12日(月)14時30分 @Press

GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングメーカーのガーミンジャパン株式会社(本社:埼玉県富士見市、以下 Garmin)は、小型ドライビングレコーダー「GDR(ジーディーアール)」シリーズ最新モデル『E530』(24,800円)、『S550』(29,800円)、『E560』(26,800円)の3機種を、6月23日(金)より発売いたします。Garmin公式オンラインストア( http://store.garmin.co.jp/shop/top.aspx )のほか、全国の取扱店舗にて販売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130550/LL_img_130550_1.jpg
GDR


【「GDR E530/S550/E560シリーズ」について】
『GDR E530/S550/E560シリーズ』は高画質録画機能を搭載した、業界最小クラスのコンパクトドライビングレコーダーです。最先端運転支援機能(前方衝突警告、車線逸脱警告、発進確認警告、スピードカメラアラート)やパーキングモード(同梱パーキングモードケーブル接続時)も搭載されているため、ドライバーの安全運転をアシストします。

E530とS550の2モデルにはSONY社製CMOSセンサー「Exmor」を搭載し、FullHD 1080p高画質の録画が実現しました。さらにE560モデルではドライビングレコーダー最高クラスの画質となるQHD(クアッドエイチディー)1440p録画やHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しており、トンネル出口など明暗差のある場所でも、「黒潰れ」「白飛び」を緩和した映像を記録することが可能です。

また全3モデルの共通機能として、スピード、位置、日時を記録する高精度GPS、万が一の時に自動的に録画を保存するGセンサーによるショック検知、スマートフォン経由で映像の共有が簡単にできるWi-Fi機能なども搭載されています。同梱のパーキングモードケーブルを接続することで、エンジンが止まっていても車両の周りの動きを検知し、自動的に録画します。

画像素材はこちらからダウンロードいただけます。
https://1drv.ms/f/s!AplvDMDhBEgSl0qGtHmQx6DmSm7g


【Garminについて】
Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業したGPS機器メーカーで、ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。無線技術をはじめ、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しています。

Garminは世界各国に数多くの製品ラインと販売店を展開しており、これまでに数百万台のGPS受信機を製造・販売しています。現在はスイス・シャフハウゼン州シャフハウゼンにグループ本社であるGarmin Ltd.(Nasdaq:GRMN)を置き、米カンザス州のオレイサにある子会社のGarmin International, Inc.が実質的な本社として機能しています。

また、台湾・台北市に本社を置くGarmin Corporationはアジアの拠点として、日本の国内拠点であるガーミンジャパン株式会社は、埼玉県富士見市(本社)と神奈川県横浜市(セールス・マーケティング)にオフィスを構えています。

URL: http://www.garmin.co.jp/


*本リリースに掲載されているブランド名、会社名などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。
*本リリースに掲載されている価格、発売時期、仕様は予告なく変更となる場合がございます。


<本製品に関するお問い合わせ先>
ガーミンジャパン株式会社
〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6
TEL : 049-267-9114
FAX : 049-267-9124
E-mail: jp_Info@garmin.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

GPSをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ