アイカテック建材が超高速開発ツールを採用Javaの半分のコストで基幹システムを構築

6月12日(月)11時30分 @Press

超高速開発プラットフォームとシステム連携プラットフォームのグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都 代表取締役社長:佐藤敏雄)は、建築材料メーカーのアイカテック建材株式会社(東京都 代表取締役社長:日高俊朗、以下アイカテック建材)が、同社の基幹システム「販売・生産管理システム」の構築に超高速開発ツール「Magic xpa」を採用し、仕様変更やユーザーの改善要望に対応しながらも他言語の半分の工数での構築に成功したことを発表します。


■ 【ERPパッケージを含む6社の提案】
アイカテック建材が基幹システムのリプレースするにあたり、ERPパッケージソフト4社、スクラッチ開発2社(Java、Magic xpa)、合計6社からの提案の中から、Magic xpaによるスクラッチ開発が採用されました。社内のユーザーや全国の販売店800ユーザーからの要望を取り入れるにはカスタマイズが発生するためERPパッケージは断念し、スクラッチ開発2社のうち、Magic xpaの見積金額がJavaによるスクラッチ開発の半額程度であったことが決め手となりました。


■ 【早い段階でのプロトタイプでユーザーの要望に対応】
「リプレースした基幹システムは、プログラム本数が1,700本、テーブル数が550個の規模でした。工数削減のための工夫として、ユーザーによるプロトタイプ試用を早めに行い、要望を集めました。その結果、早い段階でシステムの軌道修正をかけられ、ユーザーの要望に対応したシステムを構築できました。
Magic xpaだからこそユーザーの要望に一つ一つ対応できました。他の言語だったら2倍以上の工数はかかっていたと思います。」
(アイカテック建材株式会社 管理部 情報システムグループ長 兵頭 宣彦 様)
▼事例の詳細はマジックソフトウェア・ジャパンのWebサイトをご参照下さい。
https://www.magicsoftware.com/ja/stories/aica-tech

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130468/img_130468_1.jpg
アイカテック建材「販売・生産管理システム」


■ 【MagicxpaApplicationPlatformについて】
ビジネス・アプリケーション開発基盤として30年以上の実績と高い開発生産性を誇る超高速開発ツールです。全国800社以上のパートナーを通じて、国内35万社以上の企業にMagic xpaで開発された業務アプリケーションが導入されています。
株式会社ミック経済研究所刊「次世代型超高速開発ツールの市場動向 2017年度版」にて、業務アプリ実行エンジン型開発ツールで、2年連続販売実績1位を獲得。
http://bit.ly/2r0sjjh


■ 【マジックソフトウェア・ジャパンについて】
http://www.magicsoftware.com/ja
イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネス・アプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic xpa」と、サービス指向のシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

本社所在地:東京都新宿区北新宿二丁目21番1号 新宿フロントタワー24階
代 表 :代表取締役社長 佐藤 敏雄
事業内容 :開発ツール分野:Magic xpa、および関連製品の仕入/製造、販売業務 連携ツール分野:Magic xpiの仕入/製造、販売業務
プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

高速をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ