InstaVR、360度動画のストリーミング配信機能を提供開始 長さ無制限の高画質360度VR動画コンテンツを配信サーバー構築不要で即日配信可能に 

6月12日(月)10時30分 @Press

2017年6月12日、InstaVR株式会社(代表取締役:芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、ウェブベースのVR作成・配信ツールInstaVRに360度VR動画のストリーミング配信機能を追加したことをお知らせ致します。


本機能の追加により、InstaVRユーザーは360度動画コンテンツのファイルサイズや再生時間に制限されることなく高解像度の360度動画を使ったVR体験を提供することが可能になります。
例えば、25分間のフィットネストレーニング、45分間の没入型ドラマ、60分間の授業や講義、90分間のスポーツ試合、120分間の360度映画、さらに長時間のコンテンツなどが配信可能になります。
また、360度動画に加えて2D動画のストリーミング再生にも対応しているため、VR空間内で映画館での映画鑑賞体験や、大会場でのパブリックビューイング体験などを実現することも可能になります。

これまで、InstaVRはアプリ同梱およびダウンロード配信での360度動画再生に対応していましたが、アプリサイズ制限により同梱できない・端末のストレージ容量を圧迫してしまうことが課題になっていました。今回新たにストリーミングでの360度動画の配信に対応したことで、360度動画コンテンツのファイルサイズや再生時間に制限されることなく、大量の360度動画コンテンツを活用したVRアプリをプログラム無しですばやく簡単に作成し、iOS、Android、Gear VR、Daydream、Web、Oculus Rift、HTC Viveにワンクリックで配信することが可能になります。

本機能の利用は非常に簡単です。ユーザーはInstaVR上でストリーミング配信したいコンテンツの配信方法を「ストリーミング」に変更するだけで、動画ストリーミング配信サーバーを自社で構築する必要なく、4K(2160p)や8K(4320p)での超高画質配信の動画ストリーミング配信を実現することができます。(*1)
InstaVRの動画配信システムは、ユーザーがアップロードした動画をストリーミング最適な形式に変換し、 InstaVRのグローバルコンテンツ配信ネットワークを活用して大人数が高速かつ安定的に動画ストリーミングを再生できる環境を提供します。

本機能の追加にあわせ、InstaVRプロ版には価格変更無しで動画ストリーミング帯域幅500GB/月が同梱されます。InstaVRユーザーは使用状況に応じて追加の動画ストリーミング帯域幅を購入することができます。また、すでに自社で動画ストリーミング配信システムを保持しているユーザーは、自社の動画ストリーミング配信システムを介して、InstaVRで作成したVRアプリにストリーミング動画を配信することも可能になります。

*1: 4K(2160p)もしくは8K(4320p)などの超高画質動画を再生するには再生端末のハードウェアおよびシステムが4K・8K再生に対応している必要があります。


【InstaVR】
InstaVRはウェブベースのVR作成・配信ツール。360度(全天球)画像・動画を使い、直感的な操作でプログラミング無しに誰でもVR体験を作成し、ウェブ・iOS・Android・Gear VR・Google Daydream・HTC VIVE・Oculus Riftなど幅広い端末にワンクリックで配信することができる。さらに利用者の注視点を同梱のヒートマップで分析し体験を改善することができる。InstaVR活用事例としては米スミソニアン博物館、トヨタ、サンリオエンターテイメント、日建ハウジングなどがある。世界140ヶ国、10,000社に採用されている。


【InstaVR株式会社】
会社名 : InstaVR株式会社
ホームページ: http://www.instavr.co.jp/
所在地 : 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町1-2
代表者 : 芳賀 洋行(代表取締役)
設立日 : 2015年12月
資本金 : 2億1,819万円
事業内容 : InstaVR株式会社は日本発(東京都中央区)のバーチャル・リアリティに特化したテクノロジー企業で、VR作成・配信・分析ツール「InstaVR」の開発・運営を行っています。日本本社を核とし、米国、カナダ、イギリス、インド、ブラジルなどグローバルなメンバーで構成されています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

動画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ