実は熊本県のゆる〜い「営業部長」 「くまモン」グッズぞくぞく

6月12日(火)13時11分 J-CASTニュース

くまモンのネーミングは「くまもともん」(熊本者)からきているそう

写真を拡大

   第三者にツイッターアカウントをのっとられたことを2012年6月8日に明かした熊本県のキャラクター「くまモン」。ツイッター以外でも実はかなりの働き者で、さまざまなグッズに登場し、活躍していた。



脚本家の小山薫堂さんがプロデュース

   くまモンは、脚本家の小山薫堂さんプロデュースのもと、2011年3月の九州新幹線全線開業をきっかけに生まれたゆるいキャラクター、「ゆるキャラ」だ。知事から直々に「熊本県の営業部長に抜擢され」、公式ホームページでは、Tシャツやお菓子といった定番から、流行をおさえたもの、特産品とのコラボなど、170ものグッズが紹介されている。


   たとえば、若い女性の間で流行している手芸「羊毛フェルト」でくまモンをつくるキット、「羊毛フェルトで作るストラップキット(ニードル付)」(1050円)は、サイト内のランキングで7位につけるほどの人気だ。食べ物ならば、ラベルにくまモンをあしらった「甘夏マーマレード」(840円)。福田農場(水俣市)の人気商品で、ヘビーユーザー向けのビッグサイズを用意している。


   ほかにも魅力的なグッズがそろう。県外にも贈りたいという人は、ヤマト運輸がくまモンの絵柄の「熊本県キャラクターBOX」(BOX10:180円、BOX12:220円)を熊本県内限定で販売しているので、利用してみては。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

熊本県をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ