シンプルで使いやすい、お手頃なガラストップガスコンロ「Mikke(ミッケ)」 と 「Fami(ファミ)」 を8月1日(木)発売

2024年6月12日(水)15時2分 Digital PR Platform


〜調理時の利便性とデザイン性が向上した新トッププレートを採用〜

 湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:腹巻知、東証プライム上場)は、普及価格帯ガスコンロ「Fami(ファミ)」シリーズをモデルチェンジし、「手が届きやすく よい選択。」をコンセプトにした新商品「Mikke(ミッケ)」と「Fami」を8月1日(木)に発売します。

 「Fami」シリーズはお手入れしやすいガラストップを備え、使いやすさとお求めになりやすい価格を両立させたコンロです。今回のモデルチェンジでは、グリルに“無水両面焼:オートグリル機能”を搭載したモデル「Mikke」、“無水両面焼”を搭載したモデル「Fami」の2種を展開します。両モデルに共通して、トッププレートはフラットエッジ仕様に刷新した「つやめきガラス」を採用し、上質感を演出。さらに、バーナー間の距離を従来品より広げることで、調理時の利便性を向上させました。また、ビルトインコンロ「Orche(オルシェ)」※1に搭載されている業界最高※2のエネルギー消費効率を誇る「スマートエコバーナー」を採用し、環境性能にも配慮しました。グリル庫内への油はねを99.9%※3カットする専用グリル容器の面積は従来品より約15.5%拡大し、調理性能が向上しました。


[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/450_300_202406121121336669062db8c1b.jpg

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_45_20240612112439666906e77bb7c.png

無水両面焼:オートグリル機能

希望小売価格(税込)
201,630円〜



[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/150_56_20240612112441666906e9b13a2.png


無水両面焼
希望小売価格(税込)
174,900円〜




[画像4]https://digitalpr.jp/table_img/1529/89804/89804_web_1.png




「Mikke(ミッケ)」ネーミングの由来



[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/250_57_20240612112439666906e77bb7c.png

 「Mikke」は「見つけた」の話し言葉である「みっけ」を意味する名前です。使う人にとって、家族にとって、ぴったりなコンロが見つかったときの喜びの声を表現しています。また、使い続けているうちに、自分にぴったりな使い方を見つけ、家族の一員のように愛着が湧く存在になりたい、という想いも込められています。



新商品の主な特長

① 調理時の利便性とデザイン性が向上した新トッププレート

■バーナー間の距離を従来品より広げることで、調理時の利便性を向上


[画像6]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/300_110_202406121121506669063e1d6a2.jpg

 天板のバーナー間の距離を、従来品と比べ、天板サイズ75㎝の場合で2㎝、天板サイズ60㎝の場合で3㎝拡大。大きな鍋やフライパンを並べて料理ができるようになり、利便性が向上しました。

天板サイズ75㎝の場合    


■機能性・デザイン性に優れたガラストップ天板


[画像7]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/300_129_2024061211215566690643422ba.jpg

 強度が高く衝撃に強い「つやめきガラス」を採用。ガラストップならではのお手入れ性とデザイン性を両立します。新たなカラーバリエーションに「シルバーピンク」を追加※し、より幅広いユーザー層に向けた展開を行います。
※Mikkeシリーズのみ

シルバーピンク    ムーンシルバー    ブラック  


■フラットエッジ仕様を採用



[画像8]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/300_218_20240612112158666906469f218.jpg

 天板はガラス面との段差をより少なくし、エッジをフラットな形状にしたシンプルでシャープなデザインとすることで、上質感を演出します。








② 業界最高※2のエネルギー消費効率を誇る「スマートエコバーナー」を搭載


[画像9]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/300_171_202406121122026669064a0c246.jpg

 従来品ではバーナーから直線的にのびていた炎を旋回するように工夫することで、炎が鍋にあたる面積を広くし、熱効率を高めた「スマートエコバーナー」を搭載しました。これにより、業界最高※2省エネ基準達成率101%を実現し、当社従来品と比べて約12%のCO2削減が見込めます。




③ 面積が約15.5%拡大した新グリル容器「ロティプレートS」に対応




[画像10]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/104_150_202406121122076669064fcc465.jpg






[画像11]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/225_150_202406121122056669064d7694a.jpg

 グリル庫内への油はねを99.9%※3カットする従来の専用グリル容器を、機能はそのままに面積を15.5%拡大しました。スクエア型のデザインで、大きな食材も調理しやすくなりました。





その他の主な特長

感震停止機能に対応し、安全性に配慮
                         

[画像12]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/300_196_202406121328516669240373318.png

 別売部品を取り付けると、震度4相当の揺れを感知した際に自動的にガスを遮断する「感震停止機能」が機能※します。

※別売部品 感震器:3,960円(税込)
※Mikkeシリーズのみ





※1 2023年8月発売。商品詳細はニュースリリースをご覧ください。(https://www.noritz.co.jp/company/news/2023/20230509-005247.html

※2 3口コンログリル付タイプにおいて。 2024年6月時点ノーリツ調べ
※3 試験方法:「焼網」「ロティプレートS」にてさんま4尾をオートグリルで調理。グリル庫内お手入れ部品(焼網、ロティプレートSは除く)への飛び散り量を5回測定し平均値を算出。オートグリル:焼網(姿焼き・弱)、ロティプレートS(焼き魚・中) 《(株)ノーリツ調べ》



製品ラインアップ


[画像13]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_45_20240612112439666906e77bb7c.png
(無水両面焼:オートグリル機能)

[画像14]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_126_20240612112246666906768a063.jpg
 [画像15]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_126_202406121122516669067b4189e.jpg
 [画像16]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_126_202406121122546669067e26131.jpg
    ブラック         ムーンシルバー      シルバーピンク



[画像17]https://digitalpr.jp/table_img/1529/89804/89804_web_2.png





[画像18]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/150_56_20240612112441666906e9b13a2.png
 (無水両面焼)



[画像19]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_126_20240612112313666906912f924.jpg
 [画像20]https://digitalpr.jp/simg/1529/89804/200_126_20240612143700666933fca03e2.jpg
    ブラック         ムーンシルバー

[画像21]https://digitalpr.jp/table_img/1529/89804/89804_web_3.png

※ロティプレートS:9,900円(税込)

Digital PR Platform

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

「発売」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ