クレジットカード不要の後払い決済「NP後払い」とCVR向上に特化したチャットボットサービス「BOTCHAN EFO」が2019年6月12日(水)より本格連携開始!

6月12日(水)22時40分 PR TIMES

〜チャットボットと現金後払い決済サービスによって、EC通販のCVR向上に寄与〜

[画像: https://prtimes.jp/i/22451/122/resize/d22451-122-479412-1.jpg ]

◼連携背景
 これまで「BOTCHAN EFO」は、ECサイト利用者へのニーズに対応するためにトークン方式によるクレジットカード決済に対応していましたが、昨今支払い方法として需要の高い「後払い決済」※への対応が不十分でした。今回、後払い決済市場においてシェアNo.1である「NP後払い」と提携することにより、クライアントならびにエンドユーザのより幅広いニーズに対応することが可能となりました。

※「初めて利用するネットショップで利用したい決済方法」において、「後払い決済」はクレジットカードに次いで2番目に使いたい決済手段として選ばれています。(【調査方法】インターネットリサーチ【実施期間】2016年3月25日〜26日【対象】全国の10代〜50代の男女2,065人)

◼「NP後払い」連携による期待効果
ユーザーにとっての期待効果
・クレジットカードが一切不要で、後から支払いが可能。
 「NP後払い」では、金額確定後に送付される請求書を用いて、全国のコンビニ※・郵便局・銀行での支払いが可能です。そのため、クレジットカードを持っていない、もしくはカード番号の漏洩や買い物時の使い過ぎを懸念して、クレジットカードでの決済に抵抗を感じるユーザーも、安心して利用することができます。

※ご利用可能なコンビニエンスストア
セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/デイリーヤマザキ/コミュニティ・ストア/セイコーマート/ポプラ/ミニストップ

BOTCHAN EFOを導入する事業者にとっての期待効果
・「後から現金で払いたい」というニーズに応えることで、売り上げの向上に貢献。
 クレジットカード決済に抵抗を感じるユーザーが安心して利用できる決済手段を提供するため、新規顧客の獲得が期待できます。さらに、クレジットカードでの決済に満足していなかった既存顧客の満足度の向上に寄与するため、サービスの利用頻度や利用単価が上昇することが見込めます。

・請求書発行等の煩雑な業務を省き、スムーズな事業運営を実現。
 請求書の発行や督促といった決済にかかる負荷業務を当社にアウトソースすることができるため、導入後の煩雑な業務を行う必要はありません。また、未回収リスクは当社が100%保証するため、未回収リスクに煩わされることなく、インターネット通販事業のさらなる拡大に注力することができます。

◼「NP後払い」とは
 「NP後払い」は業界No.1の後払い決済サービスです。「NP後払い」の利用にあたって、クレジットカード情報の登録が不要で、商品受取り後の支払いが可能なので、購入者は安心してお買い物を楽しむことができます。通販事業者は「NP後払い」を導入することで、ニーズの高い後払い決済を未回収リスク0で購入者に提供することができ、売上アップが期待できます。「NP後払い」は年間流通金額2,500億円、導入企業数41,776社、大手通販利用率64%、日本で10人に1人が使っている決済に成長しました。

「NP後払い」の詳細はこちら:https://www.netprotections.com/

◼「BOTCHAN EFO」とは
 「BOTCHAN EFO」の大きな特長は、チャットUIを採用し、入力項目を一問一答式で進めていくため、質問項目ごとの離脱を可視化することで、離脱ポイントの改善をし、見込み顧客の離脱防止・コンバージョン率の改善を実現しているところにあります。また、EFO(エントリーフォーム最適化)に欠かせない多くの機能を実装し、スマートフォンからもストレスなく購入できる環境を構築しているため、途中離脱を軽減し、売上拡大に貢献します。

■株式会社ネットプロテクションズ概要
 当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。 2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用件数が1億4000万件を突破するまでに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けております。2017年には、購買体験がこれまでより快適になる新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもカードレス決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

・商号     :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者    :代表取締役社長(CEO)柴田 紳
・URL     :https://corp.netprotections.com/
・事業内容   :後払い決済サービス「NP後払い」の運営
         企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
         訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
         新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
         台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
         ポイントプログラムの運営
・設立     :2000年1月
・資本金    :1億円
・所在地    :〒102-0083
         東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル5階

◼概要株式会社wevnal概要
 当社はテクノロジーを活用して新しいコミュニケーションを創造する「Communication Tech(コミュテック)」企業として、あらゆるウェブコミュニケーションを円滑にしていくことを目指しています。2018年4月より、CVR向上特化型チャットボット「BOTCHAN EFO」、チャットボット×広告(Facebook, LINE上)で会話型広告「BOTCHAN For LP」、チャットボット×人工知能「BOTCHAN AI」の提供を開始し、現在では累計利用件数が500件を突破するまでに至りました。これらの事業を通じて、顧客の会話履歴のビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。
 そんな株式会社wevnalは現在、「スゲェ会社」をビジョンに掲げ、お客様やメンバーなど、 弊社に関わる全ての人たちへ向けて3Sという3つの「スゲェ」を定義しビジネスを行なっています。 3Sとは 「想像以上の効果」「期待を超える仕事」 「業界を牽引する」と定義しております。 ソーシャル、マーケティング、AI、チャットボット、動画、メディア。 変化が激しく流行りのトレンドや商品サイクルが短くなる時代の中で、 人や組織の可能性を大切にし、新たな価値を創造する組織がこのwevnalです。 発展途上の組織ではありますが、熱量はどの会社にも負けません。 市場やマーケットにインパクトを出すサービスを提供し、日本を代表する会社になります。 我々はまだ何も成し得ていません。 関わる全てのお客様、メンバーを大切にし、 世の中になくてはならない会社、皆様からスゲェと言われる会社を必ず創ります。

・商号     :株式会社wevnal
・代表者    :代表取締役 磯山博文
・URL     :https://wevnal.co.jp/
・主な事業内容 :インターネットマーケティング事業(各種運用型広告、クリエイティブ、ディア)
・設立     :2011年4月
・資本金    :2000万円
・所在地    :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 5F

PR TIMES

「クレジットカード」をもっと詳しく

「クレジットカード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ