1ヶ月に約140件の問い合わせ!ハイトラフィック・ビッグデータ活用の基盤「INTEGRAL-CORE」

6月12日(水)16時40分 PR TIMES

背景に顧客データ活用、デジタルトランスフォーメーション(DX)への関心の高まり

 マーケティング領域でテクノロジー提供を行う株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田宏昌)が自社開発する次世代顧客データベースエンジンのカスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」について、大手企業を中心とした問い合わせが1ヶ月間(2019年5月)に約140件と急増していることをお知らせします。背景には、今後爆発的に増えていく顧客データの活用、そしてデジタルトランスフォーメーション(DX)を迫られている各企業の危機感があると考えられます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13249/64/resize/d13249-64-622311-0.png ]




CDPとは?

 モバイル決済やIoTの普及によって、オフラインの行動も含めたあらゆるデータがオンライン化される「アフターデジタル」の時代が迫っています。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)が必要になる中で、「いかに顧客のデータを集め、分析し、それを反映したマーケティング施策や新たなビジネスの価値を生み出せるか」が重要になってきています。

 CDPとは、オンライン上にバラバラに存在するユーザーの行動履歴、広告配信で得られたデータに加え、実店舗での行動データなどオフライン情報を収集、統合することで、ひとり一人の姿をリアルタイムに可視化し、広告配信の最適化、顧客理解、顧客体験向上を目指すためのデータ基盤です。

 今後は、BtoCを中心とする顧客データにとどまらず、製造業で進む「インダストリー4.0(第四次産業革命)」において大量発生するデータなどについても、リアルタイムに集め、活用する基盤となることも考えられます。



CDP「INTEGRAL-CORE」とは?

 当社のCDP「INTEGRAL-CORE」によるデータ管理は、セグメントではなく「個客」単位で行います。データのリアルタイム高速処理によって顧客の「今」を捉え、様々なツール(BI、MA、LPOなど)とスムーズに連携できることを特徴としており、パーソナライズドマーケティングのためのデータ基盤となります。

URL:https://cdp-integral.com/

[画像2: https://prtimes.jp/i/13249/64/resize/d13249-64-987887-1.jpg ]




会社概要

 当社は、マーケティングの土台となる様々なテクノロジー、自社プロダクトを提供しています。この分野はハイトラフィック、ビッグデータを扱いながら高可用性を実現する高度な技術を必要とし、対応できる企業が国内でも限られています。収集した大量のデータをユーザーに紐づけ活用し、購買などに結びつけるための知見も合わせて提供しています。

社名:株式会社EVERRISE(エバーライズ)
代表者:代表取締役 倉田宏昌
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F
設立:2006年7月
URL:https://www.ever-rise.co.jp/



問い合わせ先

株式会社EVERRISE
広報担当:船崎(ふなざき)
MAIL : sakura.funazaki@ever-rise.co.jp
TEL:03-5772-3346(平日 9:00-18:00)

PR TIMES

「関心」をもっと詳しく

「関心」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ