【アルビト株式会社 設立】風力発電機ブレードの状態をAIで解析(β版サービス提供開始)

6月12日(水)9時40分 PR TIMES

専門家×ドローン×AIによる風力発電ブレードの点検~補修までのトータルソリューションの展開

風力発電ブレードの傷等をAIにより判別するサービスをβ版リリースいたしました。


アルビト設立について


 国内における風力発電設備導入量は右肩上がりで伸びている一方、利用率は約2割に留まっており、計画時の設備利用率と比べ実績としての設備利用率が低いという課題があります。
 その主な原因は、日本の気候特性でもある雷などによる損傷・故障、それに伴う停止や補修・メンテナンスに要する時間です。今後も国内の風力発電設備の増加が予想される中、点検可能な期間(季節)に『的確に・無駄なく』維持・管理を行い、運転停止期間を最小限に抑える仕組みづくりが急務となっています。
 このような流れを受け、弊社は補修作業に関わる専門知識を活かしたAI画像解析サービスを開発し、β版としてリリースするとともに様々なパートナー様(設備保有事業社/学術機関/ドローン関連事業社/AI関連事業社/他)との協業型R&Dの運営を開始しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-838179-4.png ]

 



サービス概要と特徴


 人手による危険な作業や負荷の高い業務にAIやドローンを活用することで、安全性を高め、業務を効率化するサービスを、顧客やパートナー企業と共に構築/提供してまいります。
 単一企業のソリューション提供という形態でなく、様々なパートナー企業/団体との協業型R&Dを推進するスキームを構築することにより、解析精度の向上やサービス機能の拡張、風力発電設備以外への展開を目指します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-840806-2.png ]


 現状の高所点検作業は「事故リスク」「点検コスト」「属人化」といった課題がありますが、Arbitoのサービスでは、ドローンやAI、補修作業の専門知識を活用することで、これらの課題が全て解決可能となります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-854039-7.png ]




サービス利用によるメリット


[画像4: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-509559-5.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-252000-6.png ]

             サービス利用による業務オペレーションの変更内容

[画像6: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-819178-8.png ]

                  本サービス利用によるメリット


テストユーザー/協業パートナーの募集

β版サービスは無償提供させて頂いており、引き続き様々なパートナー様との協業型R&Dを推進するとともに、傷の有無判断/損傷パターンの識別(種別判定)/パターン別の損傷レベル判定といったサービス機能の拡充、および精度向上を推進してまいります。
お問い合わせは随時受付しております。
問合せ先
info@arbito.co.jp


サービス画面イメージ



[画像7: https://prtimes.jp/i/44548/1/resize/d44548-1-179633-1.png ]



商号 : アルビト株式会社
代表者 : 代表取締役 鈴木 勇祐
所在地 : 〒108-0075 東京都港区 港南2-16-1 品川イーストワンタワー 4F
設立 : 2019年3月
事業内容: AIによる画像診断サービス 他
資本金 : 300万円
URL : https://www.arbito.co.jp/

PR TIMES

「風力発電」をもっと詳しく

「風力発電」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ