渋谷区と地域社会の課題解決に取り組む「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を渋谷区と締結

6月13日(火)10時0分 @Press

2017年6月10日(土)、全国の自治体で学校給食や学童保育、児童館などの施設運営から、車両運行などを行う総合サービス企業 シダックス株式会社(東京都渋谷区/代表取締役会長兼社長:志太勤一/以下、シダックス)は、渋谷区(区長:長谷部健)と協働して地域社会の課題解決と、さらなる発展を目指し、「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結いたしました。
同日の調印式では、シダックスがソーシャルウェルネス(健全・健康な社会)の実現を目指し活動を続けている「シダックス子育て応援隊 こどもの城倶楽部」によるイベントや、シダックスが渋谷区と行う、親子で楽しく食べて楽しく学ぶことを目的とした「シダックス・アカデミー 渋谷こどもテーブル」を併せて実施いたしました。


【「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」とは】
地域企業と自治体の連携を強化し、地域社会の課題解決を目指す取り組みで、渋谷区は本協定を2016年4月から推進しています。シダックスは社会問題解決型企業として、渋谷区の子どもたちの成長や学びを支えていきます。


【シダックスと渋谷区の包括連携事項】
シダックスと渋谷区は協働し、以下の地域社会的課題の解決に取り組みます。

(1) 子どもや家庭を取り巻く社会問題の解決に関する支援
(2) 超高齢社会における健康増進のための支援
(3) 災害に関する支援
(4) 環境保全に関する支援
(5) 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援
(6) その他の支援 人材開発及び研修プログラム等における人的交流の検討


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

渋谷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ