パイプドビッツの「スパイラル(R)」とのれんのCMS「NOREN」が連携〜抜群の安定性と高セキュリティを兼ね備えた会員サイトを構築可能〜

6月13日(火)12時0分 @Press

株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林 哲也、以下「パイプドビッツ」)とアシストグループの株式会社のれん(東京都千代田区、代表取締役社長 安藤 健太、以下「のれん」)は、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」と商用・パッケージ型ソフトウェアCMS(*)「NOREN Content Server」(以下NOREN、開発元:韓国I-ON Communications Co., Ltd.)が、本日2017年6月13日より連携ソリューションの提供を開始したことを発表します。本ソリューションにより、抜群の安定性と高いセキュリティを兼ね備えた会員サイトの構築が可能となります。
*CMS:コンテンツ管理システム


■背景と目的

CMSで構築したWebサイトの脆弱性を狙った攻撃は後を絶たず、不正アクセスによるサイト改ざんや情報漏洩のニュースが連日伝えられています。日々進化する新手の攻撃に備え、Webサイトの速やかな脆弱性対策が求められています。

ログイン認証に必要な会員情報は「スパイラル(R)」で厳重に管理し、各種Webコンテンツは「NOREN」で管理することで、コンテンツの制作や版管理、公開期間管理などのCMSの利便性を享受しながらも安定かつハイ・パフォーマンスのコンテンツ配信と、安全な会員サイト運用を実現します。さらに、特定のページは、ログイン済みのユーザーのみに閲覧を制限したり、ログイン認証を受けた後も会員別に許可されたページのみを表示させることが可能です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130741/img_130741_1.png


■主な特長

(1) 安全かつ安定した会員管理とコンテンツ管理
Webサイトの会員情報は、メガバンクを含む100以上の金融機関にも採用されている「スパイラル(R)」で安定性を保ちながら安全に管理します。また、静的タイプのCMSに分類される「NOREN」は、NORENサーバとWebサーバを切り離して管理しているため、万が一NORENサーバがダウンしても公開サイトは問題なく稼働し続け、Webサイトの閲覧ユーザーが直接NORENサーバにアクセスすることもありません。このため動的CMSと呼ばれる、公開Webサーバ上にCMS本体が配置されるアーキテクチャに比べ、NORENであればセキュリティ上の安全と、コンテンツ量に左右されない安定したパフォーマンスの両立が可能です。

(2) 簡易入力でスムーズに申込み
会員サイト内でのキャンペーンやイベントの申込み時に、名前や住所など登録済みの会員情報を表示できるため、再入力の手間を省くことが可能です。また、会員ごとの申込み回数を取得することも可能なので、アクティブ会員の判別にも利用できます。

詳細は、パイプドビッツの知見やサービス、ソリューションなどを解説・紹介する「見テ知ル」サイトにて紹介しています。

▼お役立ち情報 見テ知ル
URL:https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/pb_20170613-1/


----------------------------------------------------------------------
■「NOREN」とは
----------------------------------------------------------------------
「NOREN」は、幅広い業種・業態で採用される国内トップシェアのCMSです。静的CMSの強みである安定性や強固なセキュリティに加え、外部システムとの連携を実現するAPIも用意されているため、マーケティング・ツールなど時代に合わせて求められる機能ともシンプルかつ簡単に連携でき、デジタルマーケティング基盤としての高い運用効率とコスト・パフォーマンスを実現します。
URL:https://noren.ashisuto.co.jp/reason/1187402_1533.html

----------------------------------------------------------------------
■「スパイラル(R)」とは
----------------------------------------------------------------------
「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社のれん概要
----------------------------------------------------------------------
パッケージ・インテグレーターの株式会社アシストの100%子会社として2014年1月に設立され、Webコンテンツ管理製品(CMS)「NOREN」を中核とした、Webサイトに関連したソフトウェアの販売、ソフトウェアの導入/教育/構築支援サービス/プロダクトサポート・サービスの提供を主な事業内容としています。

所在地:東京都千代田区九段北4-2-1(株式会社アシスト内)
代表者:代表取締役社長 安藤 健太
資本金:3,000万円
事業内容:Webサイトに関連したソフトウェアの販売、ソフトウェアの導入・教育・構築支援サービスの提供
ソフトウェアの保守サービスの提供、前項に関連する事業およびこれに関連する一切の業務
URL:https://noren.ashisuto.co.jp/

----------------------------------------------------------------------
■株式会社パイプドビッツ概要
----------------------------------------------------------------------
官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」をはじめ、情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供しています。「情報資産の銀行」というビジョンを掲げ、顧客情報や製品情報、会計情報など、現代社会で最も重要な資産のひとつである「情報資産」を、インターネットを通じてお客様から安心・安全な環境でお預かりし、有効活用していただくサービスを展開しています。

所在地:東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者:代表取締役社長CEO 林 哲也
資本金:506,937千円(2016年8月末現在)
事業内容:情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業
URL:https://www.pi-pe.co.jp/

----------------------------------------------------------------------
■「NOREN」に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社のれん 担当:曽根原
TEL:03-5276-5872
詳細URL:https://noren.ashisuto.co.jp/

----------------------------------------------------------------------
■「スパイラル(R)」に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社パイプドビッツ
パートナー支援部 重岡
TEL:03-5575-6601

----------------------------------------------------------------------
■報道関係者様お問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
アシストグループ広報
株式会社アシスト 広報担当:田口、大村
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

パイプドHD株式会社
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
URL:https://www.pipedohd.com/
E-mail:pr@pipedohd.com

----------------------------------------------------------------------
※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

セキュリティをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ