ぐるなびアプリ「スクエアクリップ」でつくるタウンガイド

6月13日(月)18時3分 J-CASTニュース

   ぐるなびは2011年6月10日から、iPhone用のアプリとして、ユーザー同士が自由にテーマを決めて、スポットのまとめ(=「パック」)を作り、他のユーザーと共有できる位置情報サービス「スクエアクリップ」をはじめた。



   「スクエアクリップ」では、「パック」のテーマ設定が自由で、公開範囲も自分まで、友だちまで、全公開の3段階で設定できる。たとえば、「パック」には、「電源が使えるカフェ」、「悪天候でも楽しめる観光スポット」、「無料の動物園」などがある。サービス開始時で約150種類の「パック」と160万か所のスポットを用意し、順次追加を予定。「イイネ」ボタンや「お気に入り」ボタンをクリックしたり、コメント投稿したりしてコミュニケーション機能も持たせた。「パック」の編集権の設定を変えれば、みんなでスポットを投稿するユーザー参加型にすることもできる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

ぐるなびをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ