節電意識で「ゴジラー」増加中 朝5時からオンライン英会話

6月13日(水)11時2分 J-CASTニュース

早朝を有効活用!

写真を拡大

   日本で初めてスカイプ(Skype)を使ったオンライン語学学習サービスを開始し、現在、英語や中国語、フランス語など、20か国語の遠隔語学レッスンを提供しているイーコミュニケーションは、今後、電気料金の値上げや節電などの意識から朝活需要が高まると見込み、時差を活用した朝英語レッスンのサービスを強化する。



   2012年末までの6か月間で海外在住の講師人員を倍増し、早朝レッスン利用の割合を2倍まで拡大していく見通しだ。


みんな朝活を始めている!

   2011年に続き、電力供給量への不安などから、節電意識が働いており、有効な対策の1つとして、朝活が注目されている。


   自宅でできるオンライン語学レッスンを4時台、5時台に受講する人(ヨジラー、ゴジラー)が2、3年前に比べて増えてきており、4時から出勤前の9時までに受講する生徒の割合は、全体の25%近くを占め定着してきている。今後半年間で、早朝利用者割合を2倍の50%まで高め、エコなオンライン早朝英語学習サービスとして訴求していく予定だ。


   また今後、朝活を支援するため、朝活支援のサイトを7月中に開始して、総合的に朝活、朝英語をプロデュースしていくという。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

英会話をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ