醤油とだし、京都の老舗同士がコラボした「究極のそうめんつゆ」

6月13日(金)9時30分 J-CASTニュース

「究極のそうめんつゆ 極-KIWAMI-」

写真を拡大

   ともに京都の老舗である、醤油蔵「澤井醤油本店」とだしメーカー「うね乃」がコラボして完成した「究極のそうめんつゆ 極-KIWAMI-」が、2014年6月10日からオンラインショップ「KIWAMI百貨店」などで販売されている。



「世界流しそうめん協会」が監修

   「極-KIWAMI-」は、流しそうめんの魅力を世界に発信する「世界流しそうめん協会」(京都府井手町)の発案から誕生した商品。だしと醤油の配合のバランスを変えたつゆを何パターンもテイスティングし、「これは」と思える最高の味わいを実現したという。


   だしは、薩摩産本枯節(ほんかれぶし)と利尻産天然昆布をメーンに、隠し味として大分産のしいたけを使用。「澤井醤油」の持つ風味をふまえ、素材一つひとつの味わいを引き出す最適なブレンドに仕上げており、奥深い香りとまろやかな味わいが、そうめんのおいしさを最大限に引き出す。


   内容量365ミリリットルで、薄めずにそのまま使えるストレートタイプ。価格は980円(税別)。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

京都をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ