五輪開閉会式に合わせ祝日移動 あおりを受け10月の祝日消滅

6月13日(水)15時23分 ねとらぼ

祝日が移動に

写真を拡大

 東京オリンピック開催による交通機関の混雑緩和のため、3つの祝日をオリンピックの開閉会式前後に移動させる改正東京五輪・パラリンピック特別措置法が6月13日に参議院本会議で可決されました。
 2020年に限り、「海の日」は7月第3月曜日(7月20日)から7月23日に、「スポーツの日(旧体育の日)」は10月第2月曜日(10月12日)から7月24日に、「山の日」は8月11日から1日前倒しの8月10日に移動となります。
 開会式は7月24日、閉会式は8月9日に開催されます。これにより、7月23日〜26日が4連休、8月8日〜10日が3連休になります。ただし、10月唯一の祝日だったスポーツの日が7月に移るため、10月は祝日が1日もないことになります。
  Twitter上では歓迎の声は少なく、「なんで祝日を増やすんじゃなくて移動させるんだ」「すごい無理矢理感」「消えた祝日にイベントやってたところは困惑するだろうな」「体育の日はそのままにしといてくれよ」といった反対意見が目立っています。

ねとらぼ

「祝日」をもっと詳しく

「祝日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ