神田外語大学ミレニアムハウスが「暮らしの中のポリ〇〇〇〜人工血管からヘアケアまで〜」を開催 -- 化学素材が人々の暮らしにどのように根付いているかを紹介します

6月13日(木)2時5分 Digital PR Platform




神田外語大学ミレニアムハウス(千葉市美浜区/館長:飯島明子)は、6月20日(木)に「暮らしの中のポリ〇〇〇〜人工血管からヘアケアまで〜」を開催します。同イベントは、神田外語大学講師の福本喜久子(化学I・II担当)が、ポリエチレンやポリエステルなど、人々の暮らしには欠かすことが出来ない化学素材「ポリ〇〇〇」が、どのように生活に繋がっているかを解説・紹介します。同大の学生、教職員、一般の方々に向け、身近な化学を感じてもらい、知識・教養を一層深めてもらうことを目的としています。当日はMPCポリマー(※)技術を活用した人工臓器や人工関節を参加者に見たり触ったりもしてもらう予定。




 同大では「言葉は世界をつなぐ平和の礎」を建学の理念として、グローバルな人材、国際社会に通用する人材の育成を推進しています。特に外国の異文化を学ぶ上で、まずは自国の文化への正しい理解が必要であることから、同大ミレニアムハウスでは、日本の伝統文化に関する各種講演会や演劇、伝統芸能のワークショップなどを多数開催。さまざまな「文化発信の場」として活動しています。
 特に同大では、昨今、外国語運用能力の他に、幅広い知識や教養を身に付けてもらうため、歴史や化学の分野などの授業の充実化を目指しています。

 ミレニアムハウスでは2017年より、学生が自然科学分野に関心を持つきっかけづくりとして、自然科学の話をお茶やお菓子を食べながら気軽に聞いてもらうサイエンスカフェ形式の講座を行っています。

概要は下記の通りです。

◆「暮らしの中のポリ〇〇〇〜人工血管からヘアケアまで〜」
【日 時】 6月20日(木)16:30〜18:00
【場 所】 神田外語大学5号館 ミレニアムハウス
【講 師】 福本 喜久子(神田外語大学「化学I・II」講師)
【対 象】 大学生・一般
【費 用】
 神田外語大学の学生・教職員:無料
 神田外語大学の聴講生・卒業生、神田外語大学以外の学生:1,500円
 一般:2,500円
【内 容】
 ポリエチレンやポリエステル。皆さんの暮らしの中には化学素材「ポリ〇〇〇」がさまざまな形で活用されています。この講座では、そんな化学素材と私たちの生活がどのように繋がっているかについて話をします。当日は、ポリ〇〇〇を活用した人工関節などの展示も行います。見て・触れて・味わって、身近な化学を感じてみませんか?
 *ポリ〇〇〇に関係したお菓子や飲み物をご用意します。

(※)MPCポリマーについて
 MPCポリマー(生体親和性ポリマー)は、短期/長期にわたる生体(血液)適合性、細胞機能の保持特性、表面の生体成分非吸着、高潤滑特性などを特徴に持つ。人工血管の内側をMPCポリマーでコーティングすることにより、ヒト血液に抗凝固剤を添加しない状態で接触させた場合においても、血液凝固反応を阻止することができた。(人工血管を使っても中で血栓ができずにサラサラ流れるようになった)人工血管での活用を想定して開発されたが、他の様々な特性を活かし、人工心臓・関節、コンタクトレンズ、ヘアケア・スキンケア・アイケア用品などでも活用されている。

▼本件に関する問い合わせ先
神田外語大学ミレニアムハウス館長室
高瀬
住所:千葉県千葉市美浜区若葉1−4−1
TEL:043-273-2742(月〜土9:00〜17:00)
FAX:043-273-2984
メール:mirenia@kanda.kuis.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「化学」をもっと詳しく

「化学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ