ユカイ工学と東京ガス、家庭用ロボットで子育て応援「まかせて!BOCCO」コミュニケーションロボット「BOCCO」を活用した新サービス 2019年6月13日(木)提供開始

6月13日(木)15時40分 PR TIMES

オーディオブックの読み聞かせと生活リズムを整える定時発話で子育てをサポート

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、コミュニケーションロボットなどを企画・開発・販売するユカイ工学株式会社(代表:青木俊介、本社:東京都新宿区、以下「ユカイ工学」)は、家庭用のコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を活用し、東京ガス株式会社(代表:内田高史、本社:東京都港区、以下「東京ガス」)と共同企画し、子育て応援サービス「まかせて!BOCCO」を2019年6月13日(木)より提供を開始致します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/15618/74/resize/d15618-74-195483-5.jpg ]



「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、コミュニケーションロボットなどを企画・開発・販売するユカイ工学株式会社(代表:青木俊介、本社:東京都新宿区、以下「ユカイ工学」)は、家庭用のコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を活用し、東京ガス株式会社(代表:内田高史、本社:東京都港区、以下「東京ガス」)と共同企画し、子育て応援サービス「まかせて!BOCCO」を2019年6月13日(木)より提供を開始致します。

 本サービスは、2018年に実施した東京ガスとの実証実験(内容:BOCCO本体や付随するセンサを約100世帯にモニター貸出)の結果、特に小学校前後のお子さまがいる子育て家庭において、お留守番ロボットとして、またコミュニケーションロボットとして、活用事例が多く報告されたことを受け、育児サポートサービスとして企画されました。

子育て家庭での「お子さまの留守番時の不安」や「お子さまの生活リズムの乱れ」などの悩みを解消するため、有償の子育て応援コンテンツを配信するサービスを開始いたします。

家庭用ロボットの普及、活用シーンが増え、より身近な存在となるロボットを目指して参ります。

<本サービスの概要>

お子さまの見守りに加え、BOCCOが毎日の子育てを手助けしてくれるコンテンツを配信

「まかせて!BOCCO」公式サイト:https://tokyogas.bocco.me
<「まかせて!BOCCO」子育て応援コンテンツの詳細>

1.今日のおはなし(オーディオブックの読み聞かせ)

[画像2: https://prtimes.jp/i/15618/74/resize/d15618-74-762152-6.png ]


「アラジンと魔法のランプ」や「はだかの王様」など人気の読み聞かせコンテンツを毎月1回、“おはなし”が10作品ほど更新され、BOCCOが読み聞かせてお話してくれるので、ひとりで留守番中もさみしくありません。読み聞かせコンテンツは毎月更新されるので、飽きることなく楽しめます。
(配信コンテンツ:https://audiobook.jpのコンテンツの一部から毎月更新)

2.生活リズムサポート(定時発話による生活習慣の改善サポート)

[画像3: https://prtimes.jp/i/15618/74/resize/d15618-74-974982-7.png ]



毎日替わる、朝の「おはようメッセージ」と夜の「おやすみメッセージ」でお子様の生活リズムを整えるサポートをします。季節の話題や雑学をかわいく話しかけてくれるBOCCOと一緒に、お子さまも楽しい一日を送ることができます。
配信メッセージ:東京家政大学と東京ガスの共同研究にて作成
<例>
朝:『おはよう!今日は6月7日金曜日。朝ごはんはこれからかな?しっかり食べて、今日も元気に過ごしてね!』
夜:『こんばんは。もう歯磨きしたかな?明日に備えて、ゆっくり休んでね。おやすみなさい!』

<料金体系について>

1.「新規購入プラン」
BOCCO本体:17,400円(税別)
※子育て応援コンテンツとセットでの本体相当価格です。
※限定300台(ただし、販売状況によっては、販売台数を拡充する可能性があります。)

子育て応援コンテンツ:月々480円(税別)
送料・手数料:1,500円(税別)
※1年契約[年額5,760円(税別)]となります。
※契約期間内でのご解約は4,000円の違約金をお支払い頂きます。

2「コンテンツ追加プラン」
子育て応援コンテンツ:月々480円(税別)
※すでにBOCCOをご利用中の方向け

<2018年実証実験について>※無償モニターを募集した実証実験は既に終了しています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/15618/74/resize/d15618-74-309609-8.jpg ]



ユカイ工学および東京ガスは、2018年1月16日より、BOCCOの無償モニターを募集し、東京ガスにより選出された約100世帯に対してから2018年3月から6月末までの期間、BOCCO本体と付属の振動センサを始め、鍵センサ、部屋センサ、最新の人感センサを貸出す実証を行った。また、実証実験独自の取組みとして、東京ガスと連携し、モニターのBOCCOに対して、暮らしに役立つ情報等を届けた。


■BOCCOとは

BOCCOは、スマートフォンのアプリと連動し、外出中の家族と留守番中の子どもや離れてクラス高齢の家族がBOCCOを通してメッセージのやりとりができる家族間のコミュニケーションを助ける見守りロボットです。

インターネット経由でスマホと音声メッセージのやりとりができ、「BOCCO」側から送った声の文字化、スマホから送った文字メッセージの「BOCCO」による読み上げができます。

さらに、宅内に設置されたセンサの情報とBOCCOが連動し、外出先からドアや鍵の開閉、部屋の温湿度や照度をスマホに通知することができます。これにより、家族の様子を外出中でも知ることができ、忙しい毎日の中でも家族との何気ないコミュニケーションを楽しむことができます。

また、天気予報などの知りたい情報をBOCCOアプリ内の「BOCCOチャンネル」機能を使って、BOCCOがしゃべってお知らせしてくれたり、指定時間にリマインド通知をしてくれたり、ゴミ出し日のお知らせや目覚まし時計代わりにも役立ちます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/15618/74/resize/d15618-74-609245-9.jpg ]


BOCCO公式ページ http://www.bocco.me/

■企業情報
ユカイ工学株式会社 (Yukai Engineering Inc.) 代表取締役:青木俊介
本社: 東京都新宿区富久町16-11武蔵屋スカイビル101  TEL: 03-6380-4710
URL: https://www.ux-xu.com/

ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi3.0」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」、音声コミュニケーション開発キット「codama」などがあります。

PR TIMES

「ロボット」をもっと詳しく

「ロボット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ