小さな部品のカウント作業を大幅に効率化 コスト構造改革を目指した企業プロジェクトに「パーツカウンター めばかり君」採用

2024年6月13日(木)13時16分 PR TIMES

東京エレクトロン デバイス株式会社 (本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED)が提供する「パーツカウンター めばかり君(以下、めばかり君)」が、アズビル太信株式会社(本社:長野県中野市、代表取締役社長:小林清素、以下 アズビル太信)の新工場の倉庫に採用されましたので、事例紹介いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/10609/253/resize/d10609-253-357f1f468a8d2416f657-0.jpg ]

「めばかり君」は、部品倉庫の入出庫、部品払い出し時、在庫部品の棚卸などに実施する部品計数作業を、画像処理により補助するシステムです。画像処理技術により、手作業が必要な計数作業の効率化を実現しました。作業者はモニター画面の指示に従い部品をトレーの上に“ばらす”だけで計数します。神経を使う細かい計数作業から解放されます。また、作業記録がすべてデータで保存されるため、問題が発生した場合の履歴確認も可能になります。

背景
アズビル太信は温度・燃焼機器などの電子制御機器をはじめ、工業・商業用のさまざまな電子機器を設計から生産まで一貫生産体制で手掛けています。2020年の新型コロナウイルスの感染拡大と新工場建設を契機に、売上減少に対応できるコスト構造改革を目的とした社内プロジェクトが発足しました。その基本方針の一つとして掲げた「ロボット化を目指す」という目標に向けて、倉庫業務改革がスタートしました。

アズビル太信での課題
アズビル太信が取り扱う部品件数は約20,000点にのぼり、棚出庫では毎月約7,000〜8,000種類の部品を扱っています。部品を数える際には、電子秤を使用し、ある程度まとまった数の重さを基準の重量とします。この重量決めに人手作業が発生していること、そして、作業時間がかかることが課題でした。

導入プロセスと導入効果
上記の課題を解決するために、TEDではトライアルとして、「めばかり君」によるアズビル太信のコネクタなどのサンプル計数を行いました。その結果、瞬時にカウントでき、導入前と比較して重量決め作業時間の大幅な短縮ができることがわかりました。人手作業の削減にもつながると評価され、「めばかり君」の採用に至りました。現在、アズビル太信で扱う約20,000点の部品のうち約2,000点の小さく細かい部品を「めばかり君」でカウントしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10609/253/resize/d10609-253-8b7a0e4a4cad25967348-7.png ]

システム連携と工夫
アズビル太信が導入したのは、移動が可能なモバイル版「めばかり君」です。アズビル太信では、立ったままで作業がしやすいようキャスター付きワゴンに「めばかり君」を載せ、モニター画面を作業者の目の高さに配置しました。また、LED照明を導入し、作業内容によって明るさを調節できるようにするなど、より使いやすく作業負担の少ない形に改良しています。お客様からは、「最近のソフトバージョンアップで、作業効率を向上させる機能が追加され、社内で好評を得ています。今後はログ機能を活用して、部品のカウント頻度や数を把握し、業務改善に役立てる予定です。『めばかり君』の導入により、手作業から解放され、効率的な作業環境を実現し、業務の改善が進んでいます」との声をいただいています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10609/253/resize/d10609-253-3057a48190f7d494a118-8.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/10609/253/resize/d10609-253-c0b05ece0f2cd719291f-9.png ]

TEDでは、部品倉庫の入庫時、部品払い出し時、そして在庫部品の棚卸時などに実施する部品計数作業の負担を「めばかり君」により軽減し、お客様の製品開発・製造の生産性向上に貢献してまいります。

■アズビル太信 事例紹介インタビュー
URL:https://www.inrevium.com/case/azbil-taishin/

■計数器「パーツカウンター めばかり君」
部品倉庫の入庫時、部品払い出し時、在庫部品の棚卸時などに実施する部品計数作業を、画像処理により補助するシステムです。従来の手作業で行っていた計数作業に対し、「パーツカウンター めばかり君」は画像処理技術により、この計数作業の効率化を実現しました。作業者はモニター画面の指示に従い部品を“ばらす”だけ。神経を使う細かい計数作業から解放されます。また、作業記録がすべてデータで保存されるため、問題が発生した場合の履歴確認も可能になります。
URL:https://www.inrevium.com/product/mebakarikun/

【アズビル太信株式会社について】
アズビル太信は温度・燃焼機器などの電子制御機器をはじめ、工業・商業用のさまざまな電子機器を設計から生産までの一貫生産体制で手掛け、お客様にタイムリーにお届けしています。
URL:https://ats.azbil.com/

【東京エレクトロン デバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やITソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「メーカー機能」を有する技術商社です
URL:https://www.teldevice.co.jp/


<本製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 
PB BU PB営業本部 デジタルファクトリー営業部
お問い合わせフォーム:https://survey.zohopublic.com/zs/51Cs89

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 総務部 広報グループ
https://www.teldevice.co.jp/cgi-bin/form/contact.php

※このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PR TIMES

「採用」をもっと詳しく

「採用」のニュース

「採用」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ