アイシン開発、第18回愛知県建築士事務所協会建築賞「会長賞」を受賞

2024年6月13日(木)17時46分 PR TIMES

 アイシングループの総合デペロッパ—であるアイシン開発株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:中村 武司)が自社で設計、施工した建築物(明治電機工業株式会社/豊田支店)が、第18回愛知県建築士事務所協会建築賞の最上位となる「会長賞」を受賞しました。

 愛知県建築士事務所協会では、建築士事務所の資質向上を目的として優れた建築作品の設計者を表彰しています。意匠・構造・機能が優れているだけではなく、防災・安全・維持管理上の配慮や、地球環境維持への取り組みも審査対象となっており、今回の受賞は主に次の取り組みが評価されました。

■5種類の外壁パネルを使用し、シンプルながらも時間ごとにグラデーショナルに表情が変化する外観と、
 窓の大きさを確保しつつ、外壁角度の工夫により西日を遮断して室温上昇を抑える省エネ性能の両立
[画像1: https://prtimes.jp/i/112940/79/resize/d112940-79-66266f71f289f4789935-0.jpg ]

■ピロティを採用し水害発生時でも人命や知的財産を確保、災害時に一般市民を受け入れる覚書を地元行政と締結
[画像2: https://prtimes.jp/i/112940/79/resize/d112940-79-3b47e399e9bac7769274-1.jpg ]

 アイシン開発は自社で設計、施工の一貫対応が可能な総合デペロッパ—である強みを活かし、人と自然が共存した潤いと彩りのある空間と、感動と笑顔にあふれる豊かな社会づくりに貢献していきます。

PR TIMES

「建築」をもっと詳しく

「建築」のニュース

「建築」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ